ヴィクトル・シコラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィクトル・シコラ Football pictogram.svg
名前
本名 ヴィクトル・タデウシュ・シコラ
Victor Tadeusz Sikora
ラテン文字 Victor Sikora
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1978-04-11) 1978年4月11日(41歳)
出身地 デーフェンテル
身長 173cm
体重 65kg
選手情報
ポジション WG
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1999 オランダの旗 ゴー・アヘッド・イーグルス 107 (34)
1999-2002 オランダの旗 フィテッセ 84 (20)
2002-2008 オランダの旗 アヤックス 53 (8)
2004-2005 オランダの旗 ヘーレンフェーン (loan) 19 (1)
2005-2008 オランダの旗 NAC (loan) 46 (3)
2008-2009 アメリカ合衆国の旗 ダラス 6 (1)
2009-2012 オーストラリアの旗 パース・グローリー 23 (4)
代表歴
2001-2002 オランダの旗 オランダ 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年6月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィクトル・タデウシュ・シコラVictor Tadeusz Sikora, 1978年4月11日- )は、オランダデーフェンテル出身の元サッカー選手。元オランダ代表。現役時代のポジションはWG

経歴[編集]

クラブ[編集]

1994年にオランダ1部ゴー・アヘッド・イーグルスでプロキャリアを始めると、2部降格した1996-97シーズンから定位置を掴み、翌シーズンから2季連続で2桁得点を挙げ頭角を現す。その活躍から1部のフィテッセに引き抜かれると、すぐさま定位置を掴み、1部でも変わらず活躍し、マルク・オーフェルマルス2世に喩えられるまでになった[1]。フィテッセでの成功した3季を過ごした後、イングランド1部フラムFCと契約目前までいったが身体検査で不合格となり、最終的にフラムと獲得競争をしていたアヤックス・アムステルダムと契約を締結した[1]

アヤックスでは2002年と2004年にリーグ優勝、さらに前者ではヨハン・クライフ・スハールKNVBカップでも優勝を経験。UEFAチャンピオンズリーグにも出場したが、個人レベルでは定位置を掴めず、2004-05シーズンにSCヘーレンフェーンと期限付き移籍で契約を締結した[2]NACブレダでの3季を経てFCダラスと完全移籍で契約を締結。その後、6週間のゲストプレイヤーとしてパース・グローリーFCと契約し、2009年に正式に1年契約を締結した[3]が、同年10月に大怪我により離脱した[4]。この怪我の影響から出場機会が限られたものとなり、2012年に現役引退した[5]

代表[編集]

2001年2月にトルコとの親善試合でオランダ代表初出場を飾り、2002年のアメリカ戦まで6試合に出場した。

私生活[編集]

趣味はゴルフ深海釣り。かつて自身が所属したNACブレダでテクニカルディレクターを務める元アメリカ代表のアーニー・スチュワートと交友関係にある。

脚注[編集]

  1. ^ a b "オランダ・サッカー悲喜こもごも(後編)"
  2. ^ "シコラがヘーレンフェーンと合意"
  3. ^ "グローリーが元オランダ代表シコラを獲得"
  4. ^ "Perth Glory's Victor Sikora Sidelined With Hamstring Tear"
  5. ^ "Heupblessure noopt Sikora (33) per direct te stoppen"

外部リンク[編集]