ヴァイエイトとメリクリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新機動戦記ガンダムW > アフターコロニーの機動兵器 > ヴァイエイトとメリクリウス

ヴァイエイト(Vayeate)とメリクリウス(Mercurius)は、1995年放送のテレビアニメ新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。

作中の敵側勢力である「OZ(オズ)」の試作型MS。「攻撃」と「防御」の二つの要素をそれぞれに集約した双子機として製造された。主人公「ヒイロ・ユイ」と「トロワ・バートン」が搭乗する有人型と、「MD(モビルドール)」と呼ばれる無人型の2タイプが存在する。

メカニックデザインカトキハジメが担当。

本項では、外伝作品『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』に登場する発展機についても併せて記述する。

機体解説[編集]

OZに身柄を拘束された5人のガンダム開発者が共同開発した試作機[1]。設計のベースとなったのは「トーラス」となる[1]。ヴァイエイトとメリクリウスはガンダムを撃破可能なスペックを要求された機体であるが、単機にすべての能力を盛り込むよりもそれぞれに機能を分割し、連携して運用する事で総合的な戦闘力を向上させることに主眼を置いている[1]。尚、頭部にはトールギスと同様の構造を備え、カバーを開閉する事で正方形のカメラが露出する[1]。このカバーを閉じた状態でも戦況の確認は可能であるが、視野は狭まる[1]。後にMDとしても利用され[1]、2機に採用された装備群を集約したものがビルゴに導入された[2]

ヴァイエイト[編集]

諸元
ヴァイエイト
Vayeate
型式番号 OZ-13MSX1
頭頂高 16.3m
重量 7.3t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 ビームキャノン
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル110
ウエポンズアビリティ:レベル160
スピードアビリティ:レベル125
パワーアビリティ:レベル110
アーマードアビリティ:レベル130
リーオーをオールレベル100として換算)
搭乗者 トロワ・バートン
ヒイロ・ユイ

青い機体色と頭部の一本角状アンテナが特徴。機体名はエジプト神話の女神「ヴァイエト(ハウヘト、またはヘヘト)」に由来する。

メリクリウスが防御力を重視した設計である事から、ヴァイエイトは砲撃戦能力に注力した設計となる[1]

武装・装備[編集]

ビームキャノン
大型ジェネレーター内蔵のバックパックと有線接続された大型ビーム砲[1]。ウイングガンダムのバスターライフルを上回る威力と連射性を持ちながら、ジェネレーター直結式としたことで発射回数も大幅に増えている[1]。また、ビームが広角射出されるために単機への攻撃のみならず、複数機や要塞戦でも使用可能な性能を有している[1]
のちのビルゴにもマイナーチェンジを施したものが標準装備され[2]アルトロンガンダムのビームキャノンにも本武装の技術が応用されている[3]
ビームジェネレーター
ビームキャノン運用のため背部に装備される[1]。使用する際はカバーが展開し、排熱を行う仕組みとなっている[1]。ビームキャノン使用時はケーブルで接続し、エネルギーの供給を行う[4]


劇中での活躍[編集]

OZ宇宙軍のMS開発区で、レディ・アンが5人の科学者から機体の解説を受けているところを、侵入したヒイロが上半身のみの完成度50パーセントの本機を起動し、ビームキャノンを発射するも、同じく完成度80パーセントのメリクリウスのプラネイトディフェンサーに無効化され、双方エネルギー切れで機能停止する。完成後はテストパイロットとしてトロワが搭乗し、ヒイロのメリクリウスとともに任務に就く。

MD型トーラスを率いて、サンクキングダム大使として宇宙に上がったゼクス・マーキスのトールギスに攻撃を仕掛ける。その最中、トールギスに接近戦を仕掛けるヒイロを援護するかのように装いつつ、トーラスをビームキャノンで巧妙に破壊していく。

その後、未確認のガンダムがOZの基地やコロニーの破壊を始めたという情報が入り、それを迎え撃つ為に再び出撃する。それがカトル・ラバーバ・ウィナーによるものであると知るトロワは、デュオ・マックスウェル張五飛の新型機の完成とタイミングを合わせて再びOZに反旗を翻そうと考え、カトルの乗るウイングガンダムゼロの性能を見極めようとする。

しかしゼロシステムに取り込まれ、理性を失ったカトルは容赦無く2人を攻撃。トロワはカトルを説得を試みるが、ゼロのツインバスターライフルにより機体が半壊するダメージを受ける。更に止めの一撃を撃たれようとするヒイロのメリクリウスを庇い機体は爆発、トロワは宇宙空間に投げ出される。

のちにホワイトファングに拘束された5人の科学者によって、トロワの戦闘データが組み込まれたMDとして、ヒイロのデータを搭載したメリクリウスとともに再製造される。リーブラに潜入してデータを持ち出したヒルデを追い詰めるが、助けに入ったデュオによってメリクリウスとともに撃破される。

メリクリウス[編集]

諸元
メリクリウス
Mercurius
型式番号 OZ-13MSX2
頭頂高 16.3m
重量 7.3t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 クラッシュシールド
ビームガン
プラネイトディフェンサー×10
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル150
ウエポンズアビリティ:レベル100
スピードアビリティ:レベル125
パワーアビリティ:レベル130
アーマードアビリティ:レベル130
搭乗者 ヒイロ・ユイ
カトル・ラバーバ・ウィナー

赤い機体色とU字型の頭部アンテナが特徴。機体名はローマ神話の神「メルクリウス(マーキュリー)」に由来する。

ヴァイエイトが攻撃力を重視した設計であるのに対し、メリクリウスは防御を重視している[1]接近戦にも秀でており、ヴァイエイトよりもパワーを重視したチューンニングが施されている[要出典]

武装[編集]

プラネイトディフェンサー
背部に計10基装備される円盤状のフィールドジェネレーター。強力な電磁フィールドを発生させ敵のビームを弾く[1]。ガンダニュウム合金を採用しており、周囲の状況によって特性を変化させ優れた耐熱・耐衝撃性能を発揮する[5]対ビーム防御用に開発されたが、マシンキャノンやミサイルなど実体弾・物理的衝撃にもある程度有効[要出典]。ジェネレーターは分離後それぞれ独立して行動し、防御範囲を自在に操作可能[1]。一般的なビームならば理論的には1基だけでも充分防げるが、MSの前面を覆うには3基程度は必要になる。密度を高めればビームサーベルの斬撃すら無効化するが、ウイングゼロのツインバスターライフル級のビームに対しては数度の防御が限度、さらに高指向性のレーザー兵器にフィールドを貫通されるなど、決して無敵の装備ではない[要出典]
小説版ではテレビ版と異なり、一貫してビームのみを防御し実体弾には防御効果を持たない兵器として描かれている。
ビルゴには4基、後継機のビルゴIIには8基のディフェンサーが装備され[6]ガンダムデスサイズヘルのアクティブクロークも同様の技術が応用されている[7]
クラッシュシールド
円盤状の専用シールド。中央部にはビームサーベルが内蔵されており、格闘戦に使用される[1][注 1]シールドとしての性能も高く、完全防御こそできないもののツインバスターライフル級のビームも威力を減免し持ち堪える[要出典]。このサーベルに用いられた技術は、アルトロンガンダムのツインビームトライデントにも応用される[9]
ビームガン
ピストル状の小型ビーム砲。基本的に近距離用の牽制装備である[1]。威力は高くないものの、連射性と取り回しに優れる[1]

劇中での活躍[編集]

潜入したヒイロによって上半身のみの状態のヴァイエイトのビームキャノンで破壊されかけるが、間一髪でプラネイトディフェンサーを起動し難を逃れる。その後テストパイロットとしてヒイロが搭乗し、トロワのヴァイエイトとコンビで任務に当たる。

サンクキングダム大使として宇宙に上がってきたゼクスのトールギスと交戦し、カトルのウイングゼロでとの戦いでは大破したヴァイエイトとともにOZに回収される。

捕虜となったヒイロがウイングゼロで暴走を始めると、カトルは回収されたメリクリウスに乗ってヒイロの前に立ち塞がり、道連れの自爆攻撃を敢行するが、ウイングゼロの耐久力の前に失敗する。

のちにホワイトファングに拘束された科学者たちによって、ヴァイエイトとともに再製造され、ヒイロの戦闘データが組み込まれたMDとして復活する。2機はリーブラのデータを持ち出したヒルデを追い詰めるが、助けに入ったデュオにヴァイエイトとともに撃破される。

備考[編集]

デザインモチーフは日本の風神雷神。当初、カトキは搭乗者がヒイロやトロワになると知らなかったため、「主人公が乗るには悪役風にデザインし過ぎたかもしれない」と述べている[要出典]

なお、スーパーファミコンソフト『新機動戦記ガンダムW エンドレスデュエル』では、ヴァイエイトにはレディ・アン、メリクリウスにはルクレツィア・ノインがそれぞれ搭乗している。ヴァイエイトの必殺技はスマッシュ・ニー、ビームキャノン。メガ必殺技はメガビームブラスト。メリクリウスの必殺技はシールドクラッシュ、プラネイトディフェンサー、プラネイトアタック。メガ必殺技はプラネイトサンダー。

目次へ移動する

ヴァイエイト・シュイヴァン[編集]

諸元
ヴァイエイト・シュイヴァン
Vayeate Suivant
型式番号 OZ-13MSX1B-S
頭頂高 18.2m
重量 8.1t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 ビームキャノン×2
搭乗者 ソリス・アルモニア

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』に登場。OZプライズの攻撃用試作型MS。ビームキャノンを2基に増備され(それに伴い、ジェネレーターも1基増設)、更に強力な砲撃能力を持つ[10]。ヴァルター・ファーキルのハイドラガンダムの親衛隊機として配備されたが、後にグランシャリオから砲撃され撃破される[11]。なお「シュイヴァン(Suivant)」とは仏語で「次の」を意味する[10]

メリクリウス・シュイヴァン[編集]

諸元
メリクリウス・シュイヴァン
Mercurius Suivant
型式番号 OZ-13MSX2B-S
頭頂高 18.2m
重量 8.1t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 A.S.クラッシュシールド[スコーピオモデル]
ビームガン
プラネイトディフェンサー×20
搭乗者 ルーナ・アルモニア

『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』に登場。ヴァイエイト・シュイヴァンと対を成すOZプライズの防御用試作型MS。プラネイトディフェンサーを20基に増加され、更に防御能力が向上している。また、プラネイトディフェンサーを用いて敵機を捕縛するディフェンサーネットと呼ばれる機能を併せ持つ[10]。有人とMDによる無人運用双方が可能[10]。ヴァルター・ファーキルのハイドラガンダムの親衛隊機として配備されたが、後にグランシャリオから砲撃され撃破される[11]

武装[編集]

A.S.クラッシュシールド[スコーピオモデル][12]
作中では左腕に携行する姿が確認できる[13]
ビームガン
スペックノートに存在するが[12]、作中未使用。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 画稿の添え書きにおいては本シールドからビームシールドを展開可能にする提案も記述されているが[8]、設定面においても採用されているかは定かではない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、76-79頁。(ISBN 978-4-7580-1090-0)
  2. ^ a b 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、85頁。(ISBN 978-4-7580-1090-0)
  3. ^ 『1/144 アルトロンガンダム』バンダイ、1995年12月、組立説明書。
  4. ^ 『1/144 ヴァイエイト』バンダイ、1995年7月、組立説明書。
  5. ^ 『電撃データコレクション 新機動戦記ガンダムW 増補改訂版』アスキー・メディアワークス、2012年2月、68-69頁。(ISBN 978-4-04-886314-8)
  6. ^ 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、87頁。(ISBN 978-4-7580-1090-0)
  7. ^ 『1/144 ガンダムデスサイズヘル』バンダイ、1996年1月、組立説明書。
  8. ^ 『サンライズアートブック4 新機動戦記ガンダムW設定記録集 Part-2』ムービック、1996年6月、35頁。(ISBN 978-4896012460)
  9. ^ 『1/100 HG アルトロンガンダム』バンダイ、1996年2月、組立説明書。
  10. ^ a b c d ときた洸一『KCデラックス 新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』第2巻、講談社、2005年10月、152-153頁、ISBN 978-4063720877
  11. ^ a b ときた洸一『KCデラックス 新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』第3巻、講談社、2005年11月、69-71頁、ISBN 978-4063720983
  12. ^ a b 『電撃データコレクション 新機動戦記ガンダムW 増補改訂版』アスキー・メディアワークス、2012年2月、57頁。(ISBN 978-4-04-886314-8)
  13. ^ ときた洸一『KCデラックス 新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』第3巻、講談社、2005年11月、60-62頁、ISBN 978-4063720983


関連項目[編集]