ガンダムエピオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガンダムエピオン(Gundam Epyon)は、1995年放送のテレビアニメ新機動戦記ガンダムW』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。

軍事秘密結社「OZ(オズ)」の一派閥によって開発された格闘戦用ガンダムタイプMSで、双頭の竜を象ったモビルアーマー形態に変形する。機体名の「エピオン」はギリシア語で「次の」「次世代の」という意味を持つ。劇中では主人公「ヒイロ・ユイ」が最初に搭乗するが、紆余曲折を経てライバルである「ゼクス・マーキス」の搭乗機となる。

メカニックデザイン大河原邦男が担当。漫画新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光(敗栄)』、小説新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop(FT)』では、カトキハジメによってリファインされたEndless Waltz(EW)版デザインで登場する(詳細は後述)。

本項では、ゲームSDガンダム GGENERATION』シリーズに登場する兄弟機ガンダムアクエリアスについても併せて記述する。

機体解説[編集]

諸元
ガンダムエピオン
Gundam Epyon
型式番号 OZ-13MS
頭頂高 17.5m
重量 8.5t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 ビームソード×1
エピオンシールド(ヒートロッド)×1
エピオンクロー×2
シュトゥルム・ウント・ドラング×2(『敗栄』)
アビリティレベル ファイティングアビリティ:レベル160
ウエポンズアビリティ:レベル140
スピードアビリティ:レベル160
パワーアビリティ:レベル150
アーマードアビリティ:レベル140
リーオーをオールレベル100として換算)
搭乗者 ヒイロ・ユイ
ゼクス・マーキス(ミリアルド・ピースクラフト)
ゼクス・マーキス上級特佐(FT)[注 1]

OZ総帥の座を追われ失脚したトレーズ・クシュリナーダが密かに開発させていた機体[2]。機体設計には、トールギスとオペレーション・メテオに投入された5機のガンダムのデータが反映されている[3]

トレーズ本人の騎士や軍人としての信念を結実させた機体であり[2]、「人類は闘ってこそ意義がある」というトレーズの美学、とりわけ格闘戦に美しさを見出していたトレーズの意向が色濃く反映されているため、本機の武装は接近戦用の物のみである[4]。ガンダムエピオンは二種類の格闘兵装と高い機動性を駆使し、拠点制圧も可能としている[5]

胸部にはカメラアイでは補足しきれない情報を収集するため、サーチアイを設置[2]。脇腹部にはサイドスラスターを設け、姿勢制御能力を強化している[2]。また、胸部のエアダクトは装甲一体式となっており、防御力を落とさずに排熱が可能となっている[2]。スラスターはウイングゼロと同等の出力を発揮する[6]

Endless Waltz版[編集]

OVAおよび劇場版『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』では、カトキハジメによって主人公たちのガンダムのデザインが一新されたが、『EW』で未登場のエピオンのみは、『敗栄』『FT』が発表されるまでの14年間リファインが行われていなかった[注 2]。リファイン後の大まかなシルエットや配色はテレビ版から大きく変化していないが、翼(エピオンウイング)の展開ギミックが新たに設定されるなど、各部にカトキ独自のアレンジが加えられている。

『FT』ではゼクス搭乗機が改良されて登場するほか、プリベンターの火星支局にて、一部仕様変更を加えた上で再製造された「エピオンパイ」(後述)が登場する。

ゼロシステム(エピオンシステム)[編集]

ウイングガンダムゼロと同質の特殊な操縦インターフェイス。ウイングゼロと同じく「ゼロシステム[7]」と呼称する資料と、「エピオンシステム[8][4]」と呼称する資料がある[注 3]が、作中ではトレーズが同質のインターフェイスであると語る[注 4]

このシステムはリアルタイムで推移する戦況を演算処理し、導き出された最良の戦術、および実行後予測される結果を搭乗者の脳に直接伝達する。また、脳内神経伝達物質の分泌量をコントロールすることでドーピングのような身体能力の向上を行うことも可能で、機動時のG負荷や痛覚などの感覚を緩和あるいは欺瞞させ、人体の限界以上の環境下での機体制御を可能としている。端的に言えば、パイロットに能力以上の力を出させ、勝利のみを追求するシステムである[10]。ただし、同システムは伝達した戦術と搭乗者の理性・倫理を天秤に掛け、戦術の実行を強制させようとするため、通常の人間ではシステムに取り込まれてしまい、使いこなすことが困難となる[10]。このため、搭乗者にはシステムからの望ましくない命令を取捨選択し跳ね除け、耐えられるだけの精神力が要求される[10]。トレーズは「敵」を見失うヒイロ・ユイに道標としてこのエピオンを託すが、「その機体に乗って勝者になってはならない」と忠告している[11]

尚、本機では情報伝達をよりダイレクトに行うため、搭乗時はシステムや各部センサーと直結した専用のデータヘルメットを着用する。このため、コクピット内部は他の機体に比べモニターやコンソール類が極端に少ない[12]

モビルアーマー形態[編集]

高速移動用の飛行形態。外見だけでなく内装機器の配置を組み換えることでエネルギー効率を向上させ、長時間の巡航を可能とする[2]。外観は二つの頭を持つ竜を想起させるもので、高速性能はウイングガンダムゼロのネオバード形態を凌駕する[6]。同形態では折り畳まれた脚部が機首として機能し[4]、爪先部には「MAアイ」を備えている[注 5]。MSにバード形態を盛り込むガンダムのコンセプトに影響を受けており、モビルアーマー形態時の機構はワイバーンのものを取り入れている[13]

変形後の姿を「モビルアーマー形態」と呼称する資料と[6][2]「バード形態」と呼称する資料が存在する[3]。EW版ではテレビ版の変形方法をほぼ踏襲しているが、両爪先に牙を持つ口のような開閉構造が追加されている。テレビシリーズの小説版においてはMA形態は省略されている。

武装[編集]

ビームソード
右腰にマウントされた大型ビームサーベル。従来機で採用されているサーベルの柄にエネルギーを充電する方式ではなく、柄尻と右腰エネルギーサプライヤーに接続されたケーブルを介し、機体のジェネレーターから直接エネルギーを供給する[2]。ソード基部にはビームを固定するためのカバーが設置されている[4]
エピオンシールド
左腕のガンダニュウム合金製シールド[2]。小型だが格闘時の取り回しに優れる。表面に施された特殊コーティングによって、ビーム兵器に対しても高い防御力を発揮する[2]
EW版では、MA形態時の取り付け位置が大腿側からフロントスカート側に変更されている。後述のシュトゥルム・ウント・ドラング装備時はリアスカート側に装着され、裏面に設置されたサプライヤーから各武装にエネルギーを有線供給する[14]
ヒートロッド
エピオンシールド先端に接続された鞭状の武器。使用時は表面が灼熱化し、敵装甲を熔断する[5]。延伸距離は数十メートルに及び、敵機を捕縛する事も可能[5]。一撃でリーオー3機を撃破する威力を有するが、パイロットに技量を要求する装備でもある[2][注 6]
不使用時に先端を残してシールドに収納可能であり[5][注 7]、この機能は、同じくトレーズが製造させたトールギスIIIのヒートロッドにも採用されている。
エピオンクロー
両前腕のクロー。敵機を切り裂く攻撃に使用可能なほか、MA形態のランディングギアとしても機能する[2]
EW版ではより腕と一体化したデザインとなり、MA形態時に大きく展開する方式に変更されている。
シュトゥルム・ウント・ドラング
『敗栄』に登場。ホワイトファング所属時にトレーズからゼクスに贈られた追加兵装[14]。背部のエピオンウイングに似た形状で、左右の前腕に装着される[14]メリクリウスのプラネイト・ディフェンサーの技術が応用されており、ツインバスターライフルの最大出力射撃をも遮断する防御形態「ディフェンサー・モード」と、ビームソード基部の左右に装着することで巨大なビーム刃を形成する攻撃形態「ツヴァイヘンダー・モード」の二つの形態を使い分ける[14]。装備した状態での変形も可能[14]
その他
テレビアニメ最終話(第49話)では、エピオンがバルカン砲らしき武装を使うような描写がある。これをホワイトファングの手で装備された牽制用のバルカンとした資料もみられる[5]
また、『FT』では脚部(MA形態時の機首部分)に連装ビーム砲が追加されている[15]

劇中での活躍[編集]

ルクセンブルクの古城にある地下施設に隠されていた本機は、ヒイロに再び戦う意義を見出させるため、トレーズによって託される。トレーズは、エピオンで戦った結果選択すべき未来がなければ共にこの世に別れを告げようと提案するが、ゼロシステムに翻弄されルクセンブルク基地で交戦中だったOZのトレーズ派・ロームフェラ派双方のMS、MDを見境なく破壊したヒイロは、自分にはその資格はないと申し出を拒否する。ヒイロはこの機体でサンクキングダム王国防衛戦に参加するが、結局王国は陥落。その後、戦艦ピースミリオンから地球に降下してきたゼクスの乗るウイングゼロと交戦した際にゼロシステムの相互干渉によるエラーで二機とも行動不能になり、機体を降りた二人は互いの機体を交換する。

その後エピオンは、ゼクスが本名ミリアルドを名乗り、ホワイトファングの司令官になるとともにその象徴となり、バルジ攻防戦や、ピースミリオンのガンダムチーム、トレーズ率いる地球軍と戦う。リーブラ攻防戦では、全世界が見守るなかヒイロのウイングゼロと激突するが一歩及ばず、機体の左腕を斬り落とされゼクスは敗北する。最後は、ヒイロの言葉に感化されたゼクスによって、地球へ降下し始めたリーブラのエンジンブロックにビームソードを突き立て、機体とともに爆炎に飲み込まれる(漫画版ではヒイロに敗れた後、ゼクスはヒイロたちに協力して6機のガンダムのエネルギーをツインバスターライフルで放ち、リーブラを破壊する。その後の処遇は不明)。

『敗栄』では、レディ・アンからガンダムに関する報告を受けていたトレーズが、デスクの端末で機体の設計データを閲覧するシーンが描かれている。

『FT』ではリーブラ攻防戦後にゼクスのスペシャルズ時代からの旧友エルヴ・オネゲルのもとに預けられていた。しかしエルヴがノイエンハイム・コンツェルンの手の者に暗殺された際に極秘に回収され、ラナグリン共和国のゼクス・マーキス上級特佐の搭乗機となる[16]。この際の機体は、脚部(MA形態時の機首部分)に連装ビーム砲が追加されたほか、ウイングゼロに破壊された左腕部が修復され、同部位のみ銀色となっている[15]

ガンダムエピオンパイ[編集]

諸元
ガンダムエピオンパイ
Gundam Epyon Pai
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 ビームトライデント
ドラゴンハング
(大型ビームカノン)
(マシンキャノン)
搭乗者 老師・張(張五飛

『FT』に登場。オリジナルのエピオンの設計データをもとに、老師・張(張五飛)が独力で完成させた機体。「パイ(中国語の白)」は純白と蒼の機体カラーに由来し、張からはかつての愛機シェンロンガンダム(アルトロンガンダム)と同じ「ナタク」の愛称で呼ばれている。

機体はほぼオリジナルを複製しているが、武装が伸縮機能を持つ右腕の大型クロー「ドラゴンハング」、三叉のビーム刃を形成する槍「ビームトライデント」に変更されている。ドラゴンハングはMA形態時に機体中央に位置し、ちょうど三つ首の龍のような姿となる。ドラゴンハングにはビームカノンとマシンキャノンが内蔵されており、オリジナル機と異なり射撃戦にも対応している。

劇中では、ラグナリン共和国所属のガンダムエピオンと交戦する。張の手によって念入りに整備されており、序盤はゼロシステム未起動の状態で、システム発動状態のオリジナル機を圧倒する。

ワイバーン[編集]

『FT』に登場。搭乗者はカテリナ・ピースクラフト。

ジェイ・ヌル(のちのドクターJ)が製作した機体で、形状はエピオンのモビルアーマー形態に酷似している。ゼロシステムも搭載している。カラーリングは白銀。

ガンダムアクエリアス[編集]

諸元
ガンダムアクエリアス
Gundam Aquarius
型式番号 OZ-14MS
頭頂高 17.6m
重量 9.4t
装甲材質 ガンダニュウム合金
武装 ドーバーガン
105mmマシンガン
ヒートロッド×2
シールド
搭乗者 ルクレツィア・ノイン

『SDガンダム GGENERATION』シリーズのオリジナルMSで、エピオンの支援を目的に開発された機体。アクエリアスとはみずがめ座を意味する。対MD用の電子戦装備「アンチMDシステム」を搭載している。これは本機から半径10km以内に存在する全MDにコンピュータウイルスを送信し、機能障害を発生させる。アクエリアスがMDを行動不能に陥れ、エピオンがその間に有人の指揮機を撃破するという戦法が考案されていた。

ジェネレーター出力の大半をシステムの稼働に費やしているため、「本体からのエネルギー供給を必要とするビーム兵器」は使用しない[注 8]。また、システム自体も大型なため自重が増加しているが、大気圏内飛行が可能なほどの大出力スラスターを搭載しており、エピオンに追従できるだけの機動性は備えている。

この機体は幽閉されたトレーズの支持者によって開発された機体であるが、実戦には一度も参加しない。一説によると、デルマイユ派によって開発者ごと闇に葬られたともいわれる。

『SDガンダム GGENERATION NEO』の放置デモでノインが本機でキャラ・スーン搭乗のR・ジャジャと交戦していた場面が見られた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 正体はゼロシステムによって作り出された立体映像[1]
  2. ^ 『EW』に先立つ1996年に『GUNDAM FIX』においてカトキがエピオンを描いているが、MA形態が後部からの視点で描かれているために全体が把握できず、また判別可能な部分も『EW』においてリファインされた他の機体と違い、航空機風のアレンジとなっている。
  3. ^ 機体初起動時にデータヘルメットのディスプレイに表示された「SYSTEM-EPYON」との関係は不明。
  4. ^ 小説版においてはウイングガンダムゼロに搭載されたゼロシステムを元に実装したとしているが[9]、その入手経路は不明。
  5. ^ プラモデルキットの図解部分を参照[2]
  6. ^ アニメーション作中においては一振りでビルゴ2機を破壊する描写も見られた[11]
  7. ^ 『ガンダム無双』など一部ゲームやEW版では格納機能が再現、実装されている。
  8. ^ もとはビーム兵器全般について装備しない設定だったが、『GGENERATION WORLD』では設定に反してドーバーガンがビームを発射できる仕様に変更された。『GGENERATION OVER WORLD』では設定も「本体からの~」と文が変更されている。

出典[編集]

  1. ^ 隅沢克之『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop 13 無言の賛歌』角川書店、2015年12月、161-171頁。ISBN 978-4041039656
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『1/100 HG ガンダムエピオン』バンダイ、1995年11月、組立説明書。
  3. ^ a b 『電撃データコレクション 新機動戦記ガンダムW 増補改訂版』アスキー・メディアワークス、2012年2月、46-47頁、ISBN 978-4-04-886314-8
  4. ^ a b c d 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、64頁、ISBN 978-4-7580-1090-0
  5. ^ a b c d e 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、66-67頁、ISBN 978-4-7580-1090-0
  6. ^ a b c 『新機動戦記ガンダムW 公式MSカタログ』講談社、1997年4月、50頁、ISBN 978-4-06-103309-2
  7. ^ 『1/100 MG ガンダムエピオン EW版』バンダイ、2011年6月、組立説明書。
  8. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第110号、ディアゴスティーニ・ジャパン、2013年11月12日、3頁。
  9. ^ 神代創『新機動戦記ガンダムW OPERATION 4 彷徨』角川書店、1996年12月、162頁、ISBN 978-4044177041
  10. ^ a b c 『電撃データコレクション 新機動戦記ガンダムW 増補改訂版』アスキー・メディアワークス、2012年2月、74頁、ISBN 978-4-04-886314-8
  11. ^ a b アニメーション『新機動戦記ガンダムW』第34話参照。
  12. ^ 『新機動戦記ガンダムW MSエンサイクロペディア』一迅社、2007年12月1日初版発行、81頁、ISBN 978-4-7580-1090-0
  13. ^ 隅沢克之『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop 3 贖罪の輪舞 上巻』角川書店、2011年6月、67-70頁。ISBN 978-4047157330
  14. ^ a b c d e 『月刊ガンダムエース』、KADOKAWA、2017年12月、 508頁、 JAN 4910124011270。
  15. ^ a b 隅沢克之『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop 4 連鎖の鎮魂曲 下巻』角川書店、2011年11月、116、130頁。ISBN 978-4-04-715816-0
  16. ^ 隅沢克之『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop 7 寂寥の狂詩曲 上巻』角川書店、2013年1月、22-25頁。ISBN 9784041204528

関連項目[編集]

外部リンク[編集]