ワイルド・ナッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワイルド・ナッシング
Wild Nothing
Jack Tatum, Gov Ball 2013.jpg
ジャック・テイタム(2013年6月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ヴァージニア州 ブラックスバーグ
ジャンル インディーポップ
ドリーム・ポップ
シューゲイザー
活動期間 2009年 -
レーベル キャプチャード・トラックス
公式サイト www.wildnothingmusic.com
メンバー ジャック・テイタム

ワイルド・ナッシング(Wild Nothing)は、アメリカロックバンド2009年にジャック・テイタムによって活動開始。

略歴[編集]

ヴァージニア州の学園都市、ブラックスバーグでJack and the WhaleやFACEPAINTというバンドで活動していたジャック・テイタムが、2009年に自身のソロ・プロジェクトとして始動させた。テイタムのデモ音源がインディーズ界隈で話題となり、キャプチャード・トラックスと契約を果たす。この頃からサポートメンバーを募ってツアーを行うようになる。シングル「Summer Holiday」でレコードデビューを果たし、2010年5月に1stアルバム『Gemini』をリリース。アルバムは高評価を受け、ピッチフォーク・メディアは2010年のベストアルバムリストの49位に本作を選出[1]。10月にもEP『Golden Haze』をリリース。

2012年8月に2ndアルバム『Nocturne』を発表し、ビルボードのNew Artist & Alternative New Artistチャートの1位を記録した。2013年3月に東京で初来日公演。チケットはソールドアウトで、10月にも再来日公演を行った[2]

2014年10月に3rdアルバムの制作を発表。2015年1月には自身のFacebookTwitterストックホルムにてレコーディング開始したことを報告した。2016年2月に3rdアルバム『Life of Pause』をリリース。

作品[編集]

アルバム[編集]

  • Gemini (2010年)
  • Nocturne (2012年)
  • Life of Pause(2016年)

EP[編集]

  • Evertide (2010年)
  • Golden Haze (2010年)
  • Empty Estate (2013年)

シングル[編集]

  • "Summer Holiday" (2009年)
  • "Cloudbusting" (2012年)
  • "Nowhere" (2012年)
  • "Shadow" (2012年)
  • "A Dancing Shell" (2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Pitchfork’s Top 50 Albums Of 2010”. Stereogum (2010年12月17日). 2015年2月18日閲覧。
  2. ^ Wild Nothing、再来日決定(2013年10月)”. iLOUD (2013年7月2日). 2015年2月18日閲覧。