キャプチャード・トラックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャプチャード・トラックス
Captured Tracks
Capturedtracks.jpg
設立 2008年
設立者 Mike Sniper
ジャンル インディー・ロック
インディー・ポップ
ギター・ポップ
ガレージ・ロック
Lo-Fi
ポスト・パンク
ドリーム・ポップ
シューゲイズ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地 ニューヨーク州ブルックリン区
公式サイト www.capturedtracks.com

キャプチャード・トラックスCaptured Tracks) は、アメリカニューヨーク州ブルックリン区インディペンデントレコードレーベル2008年に設立され、主にインディー・ロックポップのバンドを中心にリリースしている。

来歴[編集]

2008年、ブルックリンでブランク・ドッグスのMike Sniperによって設立された。レーベルの最初のリリース2009年ダム・ダム・ガールズのセルフタイトルEPだった。

2011年シューゲイズの名盤を再発売するシリーズShoegaze Archivesをスタートさせる[1]。この年、新しいバンドを発掘し育てることをレーベルの理念とし、今後他のレーベルからLPを出しているバンドとは契約しないつもりだと宣言した[2]

2013年8月、キャプチャード・トラックス5周年の記念イベントが行なわれPitchfork.tvによるショートドキュメンタリーが公開された[3]

アーティスト[編集]

現在所属しているアーティスト[編集]

過去にリリースのあったアーティスト[編集]

主なディスコグラフィー[編集]

  • Wild Nothing - Gemini (2010年) ステレオガムが年間ベストアルバムの9位、ピッチフォークが49位に選ぶなど音楽メディアから評価された[4]
  • DIIV - Oshin (2012年) NMEが年間ベストアルバムの13位に選ぶなど、多くのメディアから評価された[5]
  • Wild Nothing - Nocturne (2012年) Under the RadarやObscure Soundが年間ベストアルバムの一つに選出した[6]
  • Mac DeMarco - 2 (2012年) カナダの音楽賞Polaris Music Prize 2013のロングリストにノミネート、NMEやピッチフォークなどが年間ベストアルバムの一つに選出[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ SHOEGAZE ARCHIVES”. 2013年10月23日閲覧。
  2. ^ We've been... Facebook.”. 2012年6月30日閲覧。
  3. ^ Captured Tracks Five-Year Anniversary Festival”. 2013年10月23日閲覧。
  4. ^ Wild Nothing - Nocturne - Reviews & Ratings.”. 2013-13-23閲覧。
  5. ^ DIIV - Oshin - Reviews & Ratings.”. 2013年10月23日閲覧。
  6. ^ Wild Nothing - Nocturne - Reviews & Ratings.”. 2013年10月23日閲覧。
  7. ^ Mac DeMarco - 2 - Reviews & Ratings.”. 2013年10月23日閲覧。
  8. ^ Polaris Music Prize Unveils 2013 Long List, Exclaim!.”. 2013年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]