ローザ・オトゥンバエヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローザ・オトゥンバエヴァ
Роза Отунбаева
Roza Otunbayeva - World Economic Forum on Europe 2011.jpg
ローザ・オトゥンバエヴァ(2011年6月)

任期 2010年4月7日2011年12月1日
2010年7月3日まで暫定
首相 アルマズベク・アタンバエフ
オムルベク・ババノフ英語版(代行)
アルマズベク・アタンバエフ

任期 1992年2月26日10月10日
任期 1994年1997年
元首 アスカル・アカエフ
任期 2005年2005年
元首 クルマンベク・バキエフ

出生 (1950-08-23) 1950年8月23日(67歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
吉尔吉斯苏维埃社会主义共和国国旗(1936).png キルギス・ソビエト社会主義共和国フルンゼ
政党 キルギス社会民主党

ローザ・イサコヴナ・オトゥンバエヴァキルギス語: Роза Исаковна Отунбаева1950年8月23日 - )は、キルギスの政治家、外交官。同国大統領を務めた。ジョゴルク・ケネシ(国会)代議員。「統合国民運動」政治局員。ソビエト連邦時代、独立後を通じて外相、各国大使を務めた。報道ではオツンバエワオトゥンバエワとも表記される。

ソ連時代[編集]

  • 1972年 - ロモノソフ名称モスクワ国立大学哲学部を優等で卒業
  • 1975年 - ロモノソフ名称モスクワ国立大学大学院を卒業
  • 1975年-1981年 - キルギス国立大学の講師、先任講師、哲学講座主任
  • 1981年-1983年 - ソ連共産党フルンゼ市レーニンスキー地区第二書記
  • 1983年-1986年 - 党フルンゼ市委員会第二書記
  • 1986年-1989年 - キルギス・ソビエト社会主義共和国閣僚会議副議長、外務相
  • 1989年-1991年 - ソ連ユネスコ問題委員会責任書記、議長、ソ連外務省参事

キルギス共和国時代[編集]

  • 1992年 - 副首相、外相
  • 1992年-1994年 - 駐米加非常全権大使
  • 1994年-1997年 - 外相
  • 1997年 - 駐英・北アイルランド非常全権大使
  • 2002年5月から - 駐グルジア国連事務総長副特別代表
  • 2004年12月9日 - 「アタ・ジュルト」(祖国)運動共同議長(2010年結党のアタ・ジュルト党とは別)

2005年3月から9月、外相代行。同年9月27日、フェリックス・クロフ政権の外相に推薦されたが、ジョゴルク・ケネシにより拒否された。10月12日から憲法評議会議員。

2006年1月から「アサバ」(愛国)党共同議長。2008年1月、キルギス社会民主党からジョゴルク・ケネシ代議員に当選。2008年12月24日、「統合国民運動」政治局員。

2010年4月、野党勢力による反政府デモ(2010年キルギス騒乱)が発生しクルマンベク・バキエフ政権が崩壊、オトゥンバエヴァは自らを代表とする暫定政府の発足を宣言した。同年5月19日、「暫定キルギス共和国大統領」(任期は2011年12月31日まで)に就任。7月14日、暫定政府に代わる「技術政府」を発足。2011年12月1日をもって大統領を退任した。

人物[編集]

既婚、1男1女を有する。[要追加記述]

哲学科学準博士、助教授。キルギス語ロシア語英語ドイツ語フランス語を話す。

注釈・出典[編集]

公職
先代:
クルマンベク・バキエフ
キルギスの旗 キルギス共和国大統領
2010年4月7日~7月3日は暫定
2010年 - 2011年
次代:
アルマズベク・アタンバエフ
先代:
(創設)
エドナン・カラバエフ
アスカル・アイトマトフ
キルギスの旗 キルギス共和国外務大臣
初代:1992年
第3代:1994年 - 1997年
(代行)2005年
次代:
エドナン・カラバエフ
ムラトベク・イマナリエフ
アリクベク・ジェクシェンクロフ