イシェンバイ・カドイルベコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イシェンバイ・カドイルベコフ
Ишенбай Дүйшөнбиевич Кадырбеков

任期 2005年3月24日2005年3月25日

任期 2005年3月24日2005年3月25日

出生 (1949-07-16) 1949年7月16日(72歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Kyrgyz SSR.svg キルギス共和国ナルイン
イシェンバイ・カドイルベコフ

イシェンバイ・カドイルベコフ(英: Ishenbai Duyshonbiyevich Kadyrbekov キルギス語: Ишенбай Дүйшөнбиевич Кадырбеков1949年7月16日 - )は、2005年3月24日キルギス大統領府占拠事件(チューリップ革命)に積極的に参加した野党指導者の1人である。大統領代行と首相代行を務めた。

経歴[編集]

1971年~1979年、フルンゼ工業大学の講師、建築学部長、産業民間建築物建築講座長。1979年~1984年、「キルギズギプロストロイ」研究所の居住区計画課長。

1987年~1990年、キルギス共和国国家建設局長、都市建設中央科学研究設計研究所支部長。1990年から、キルギス国家建設委員会議長兼キルギス共和国建設・建築相。

2000年から2005年までジョゴルク・ケネシュ (キルギス議会) の代議員。2000年、大統領選挙に出馬しようとしたが、キルギス語の資格試験に落ち取りやめた。

2005年3月24日、議会議長(トラガ)に選出されると同時に、3月25日まで大統領と首相を代行した。3月25日から10月まで運輸・交通相代行、4月4日からは第一副首相を兼任。

2005年10月26日~2008年1月11日、政府附属国家建築・建設局長官。

2008年4月25日、職権濫用の嫌疑で財務警察庁により逮捕。2009年4月13日、勾留から自宅軟禁に切り替えられた。

パーソナル[編集]

ナルイン市出身。妻は、自動車会社「クート・ジョル」社長。1男(メデル)2女(メーリム、アイジャマル)を有する。

フルンゼ工業大学を卒業(1971年)。建築科学準博士。法学士。キルギス・ソビエト社会主義共和国功労建築士、キルギスタン建築士同盟会員。予備役中佐


公職
先代:
アスカル・アカエフ
キルギスの旗 キルギス共和国大統領
(代行)2005
次代:
クルマンベク・バキエフ
先代:
ニコライ・タナーエフ
キルギスの旗 キルギス共和国首相
(代行)2005
次代:
クルマンベク・バキエフ