ナシルディン・イサノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナシルディン・イサノフ1943年11月7日 - 1991年11月29日)は、キルギス共和国の政治家。ソ連末期、キルギスの副大統領、首相を務め、大統領選に出馬したが、アスカル・アカエフに敗れた。

経歴[編集]

ナウカツキー地区コク・ベリ村出身。MISI(1966年)、アルマ・アタ高等党学校を卒業。

  • 1960年~1961年 - トラスト「モスジルストロイ」の労働者
  • 1966年~1970年 - トラスト「オシゴルストロイ」の職長、監督、区域長、主任技師
  • 1970年~1974年 - 党オシ州委員会の教官、「ナルィンギドロエネルゴストロイ」党委員会書記
  • 1974年~1983年 - コムソモールオシ州委員会第一書記、キルギス・コムソモール中央委員会の課副主任、主任
  • 1983年~1986年 - キルギス建設相
  • 1986年~1988年 - キルギス国家建設委員会第一副議長
  • 1988年~1991年 - イスィク・クラ州執行委員会議長
  • 1990年12月~1991年1月 - キルギス副大統領
  • 1991年1月~11月 - 首相

第12期キルギスタン最高会議代議員。最高会議選出の大統領選に出馬し、1990年10月27日、決選投票において、アスカル・アカエフに敗れた。

1991年11月29日、不可解な自動車事故により死亡。この際、同乗していた運転手、警護員、ビジネスマンのB.ビルンシュテインは無傷で、事故直後にビルンシュテインはキルギスを離れた。

パーソナル[編集]

妻帯、1男1女を有する。

経済科学準博士。キルギスタン工学アカデミー会員。

労働赤旗勲章、「名誉記章」勲章を受章。