ロンドンSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロンドンSS
ジャンル パンク・ロック
プロトパンク
活動期間 1975年 - 1976年
共同作業者 ザ・クラッシュ、ザ・サブテラニアンズ、ザ・ダムド、チェルシー、ジェネレーションXビッグ・オーディオ・ダイナマイトジグ・ジグ・スパトニックカーボン/シリコン
メンバー ミック・ジョーンズ
トニー・ジェイムス
ブライアン・ジェイムス
ローランド・ホット

ロンドンSSはイギリスの初期パンク・ロックバンド1975年ギターミック・ジョーンズベースのトニー・ジェイムスにより結成された。

バンドの短い歴史のほとんどは、メンバーのオーディションに費やされた。ジョーンズとジェイムス以外には、ギタリストのブライアン・ジェイムス(トニーとの血縁関係は無い)が半固定のメンバーとしていたのみである。他に、「ザ・ハリウッド・ブラッツ」のメンバーで後にボーイズを結成したマット・デンジャーフィールドとカジノ・スティールともプレイした。

多くの著名ミュージシャンがバンドのオーディションを受けたが、合格しなかった。この中には後のザ・クラッシュのメンバー、ポール・シムノンテリー・チャイムズもいる。もう一人のクラッシュ・メンバー、トッパー・ヒードンは、バンド参加の要請を断っている。後のザ・ダムドのドラマー、ラット・スケイビーズは当時すでに自らのプロトパンク・バンドを持っていたが、ロンドンSSでもプレイしている。ローランド・ホットもドラマーとして参加している。パンク詩人のパトリック・フィッツジェラルドもオーディションを希望した。

バンドが録音したのはジェイムス、ジョーンズ、(ブライアン)ジェイムス、ホットによるデモのみである。音楽的には、ストレートなロックンロール1960年代リズム・アンド・ブルースのカヴァーを演奏していたが、メンバーはバンドの音楽にお粗末さを感じていた。

1976年にホットが追い出されると、ブライアン・ジェイムスとスケイビーズはそれぞれザ・サブテラニアンズ、後にザ・ダムドを結成するために去った。もう一人のジェイムスもビリー・アイドル他二人と、後にジェネレーションXとなるチェルシーを結成した。ジョーンズ、シムノン、チャイムズはジョー・ストラマーと組み、ザ・クラッシュを結成する。後にチャイムズはヒードンに取って代わられたが、さらに再び入れ替わっている。結局、ロンドンSSはバンド自身のキャリアよりも、個々のバンドメンバーの後の活躍により有名になった。

バンド名の『SS』がナチ戦争犯罪に関係の深い親衛隊を想起させるため、ある方面の不安を引き起こした。この事は、後にクラッシュがイギリスの最も左翼的バンドになったときジョーンズにつきまとった。しかし他のロンドンSS出身メンバーは、当時の彼らの貧困に触れ、「社会保障 (Social Security)」説を表明した。他説では、これはファシスト政治への支持ではなく、この言葉の持つ多様性や衝撃度を狙ったものだとされている。