リモート・コントロール (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リモート・コントロール
ザ・クラッシュシングル
収録アルバム 白い暴動
B面 ロンドンは燃えている!(ライヴ)
リリース 1977年5月13日 ()
規格 7インチシングル
録音 1977年
ジャンル パンク・ロック
時間 3:01
レーベル CBS S CBS 5293
プロデュース ミッキー・フット、ザ・クラッシュ、ビル・プライス
ザ・クラッシュ シングル 年表
白い暴動
(1977)
リモート・コントロール
(1977)
コンプリート・コントロール
(1977)
テンプレートを表示

リモート・コントロール (Remote Control) はザ・クラッシュのアルバム『白い暴動』に収録され、シングルカットされた曲。抑圧と服従に対する反抗のメッセージソングである。

ミック・ジョーンズが悲惨な『アナーキー・ツアー』の後に書いた曲で、コンサートを中止させた役人、警察、大企業(特にレコード会社)へ目を向けている。1977年12月7日の「メイフェア会議」で同ツアーへのサポートを反故にしたEMIの株主、そして古い貴族ネットワークや救いようのない政治家達に触れる。

クラッシュは実質的にこの曲を認めておらず、曲のリリースはバンドの許可なしにCBSが勝手に行った物である。メロディ・メーカー誌にはすでに「ジェニー・ジョーンズ」が次のシングルだと公表しており、CBSの行為に対して憤っていた。皮肉にもこの曲はクラッシュの反逆精神のシンボルとなったが、この件について次のシングル「コンプリート・コントロール」の歌詞の最初で言及されている。

やつらは「リモート・コントロール」をリリースするだと。俺たちはそんなレッテル張りは望んじゃいないのに