ロランダス・パクサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロランダス・パクサス
Rolandas Paksas
Rolandas Paksas- horizontali foto.jpg
生年月日 (1956-06-10) 1956年6月10日(61歳)
出生地 Flag of Lithuanian SSR.svg リトアニア・ソビエト社会主義共和国テルシェイ
所属政党 民主労働党(1991年 - 1995年)→)
祖国同盟(1995年 - 2000年)→)
自由連合(2000年 - 2002年)→)
秩序と正義(2002年 - )
配偶者 ライマ・パクシエネ

在任期間 2003年2月26日 - 2004年4月6日

在任期間 2000年10月26日 - 2001年6月20日

在任期間 1999年5月18日 - 1999年10月27日

在任期間 2009年 -
テンプレートを表示

ロランダス・パクサス(Rolandas Paksas、1956年6月10日 - )は、リトアニア政治家。元リトアニア大統領(在任2003年 - 2004年)。同国元首相(在任1999年2000年 - 2001年)。元ヴィリニュス市長(在任1997年 - 1999年2000年)。

1956年、リトアニア北部のテルシェイに生まれる。1984年レニングラード民間航空アカデミーを卒業する。以後、パイロット、会社社長を経て、政治家となった。

政治家としては、元々リトアニア共産党員であった経緯から、リトアニアの独立回復後も継承政党のリトアニア民主労働党に所属していた。しかしパクサス自身は保守を自認していたことから、1995年、中道右派の祖国同盟に移る。1997年、祖国同盟からヴィリニュス市議会選挙に立候補し当選、市長に選ばれる。

1999年6月、リトアニア首相に選出される。しかし、同年10月外資導入をめぐる閣内不統一で総辞職する。1999年12月、リトアニア自由連合に移り、代表に就任。再度ヴィリニュス市長に就任したのち、2000年10月再び首相となり内閣を組閣する。

2002年、政策の不一致により自由連合を離党し、自由民主党を結党。パクサスはその党首に就任した。2002年12月に自由民主党から大統領選挙に立候補、2003年1月の決選投票で現職のアダムクス候補を破り当選する。

しかし、2003年10月には、ロシアの国際犯罪組織と大統領との癒着を指摘するスキャンダルが発生。2004年3月には、リトアニア憲法裁判所は、国家機密保持などについて大統領の行為を違憲と判断。同年4月にリトアニア議会が大統領弾劾を可決、成立させ、パクサス大統領は辞任に追い込まれた。また、この弾劾により、パクサスは国会議員選挙への立候補が生涯禁じられることとなった。その後、2011年に欧州人権裁判所はこれを違法と判決している。

パクサスはその後も自由民主党(のちに秩序と正義と改名)の党首を務め、2009年欧州議会議員選挙を経て欧州議会議員に選出された。

公職
先代:
ヴァルダス・アダムクス
リトアニアの旗 リトアニア共和国大統領
第3代:2003年 - 2004年
次代:
アルトゥーラス・パウラウスカス
(代行)
先代:
アンドリュス・クビリュス
リトアニアの旗 リトアニア共和国首相
第11代:2000年 - 2001年
次代:
エウゲニユス・ゲントヴィラス
先代:
イレナ・デグティエネ
(代行)
リトアニアの旗 リトアニア共和国首相
第9代:1999年
次代:
イレナ・デグティエネ
(代行)
党職
先代:
自由民主党より改称)
秩序と正義党首
2006年 -
次代:
(現職)
先代:
ヴァレンティナス・マズロニス
自由民主党党首
2004年 - 2006年
次代:
秩序と正義に改称)
先代:
(結党)
自由民主党党首
2002年 - 2002年
次代:
ヴァレンティナス・マズロニス
先代:
エウゲニユス・ゲントヴィラス
リトアニア自由連合党首
1999年 - 2001年
次代:
エウゲニユス・ゲントヴィラス