アルトゥーラス・パウラウスカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルトゥーラス・パウラウスカス
Artūras Paulauskas
Artūras Paulauskas.jpg
生年月日 (1953-08-23) 1953年8月23日(64歳)
出生地 Flag of Lithuanian SSR.svg リトアニア・ソビエト社会主義共和国ヴィリニュス
所属政党 新同盟(1998年 - 2011年)→)
労働党(2011年 - )

在任期間 2004年4月6日 - 2004年7月12日

在任期間 2008年 - 2008年
テンプレートを表示

アルトゥーラス・パウラウスカスリトアニア語: Artūras PaulauskasArturas Paulauskas.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]1953年8月23日 - )は、リトアニア政治家2000年から2006年までリトアニア議会議長。また、2004年には4月6日から7月12日まではリトアニア大統領代行も務めた[1]。子供は前妻との間に2人の息子、現在の妻との間に息子と娘、計4人いる[1]

政治家になるまで[編集]

大学では法学を専攻し、1976年ヴィリニュス大学を卒業。その後は研究者検察官として活躍した。1987年から1990年にかけて、リトアニア検事副総長、1990年から1995年まではリトアニア検事総長を歴任し、1995年から1997年まで再び検事副総長を務めた。1997年から2000年までは民事裁判実務にたずさわる。[1]

政治家として[編集]

パウラウスカスは1997年リトアニア大統領選挙に出馬、政界に足を踏み入れた。当時現職のアルギルダス・ブラザウスカス大統領の支援を受けたが、わずかの差でヴァルダス・アダムクス候補に敗れる。その後1998年4月25日、パウラウスカスは新党「新同盟」を設立し、その党首に就任[1]。新同盟は2000年リトアニア議会選挙で 19.6 % の得票率を獲得し第2党となり、第1党のリトアニア社会民主党などとともに連立政権入りを果たす。そしてパウラウスカスは2000年10月19日リトアニア議会の議長に就任した。

2002年、パウラウスカスは再び大統領選挙に出馬するも、第1回投票でアダムクス、パクサス両候補に敗れた。

2004年4月6日パクサス大統領が弾劾され失職すると、パウラウスカスは代行でリトアニアの大統領も務めた。この代行は次のアダムクスが就任するまでの約3ヶ月間続いた。その後2006年4月11日にはリトアニア議会議長を辞職。2008年には環境大臣を務めた。

近年では政権与党年金削減政策などに反対し、年金受給者や障害者などの社会的弱者の救済を訴えている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d "Members of the Seimas - Artūras PAULAUSKAS." Seimas of the Republic of Lithuania. 2009年12月8日閲覧.
  2. ^ "Paulauskas calls for people to protest." The Baltic Times. 682 (3 Dec. 2009).

外部リンク[編集]

議会
先代:
ヴィータウタス・ランズベルギス
リトアニアの旗 リトアニア共和国セイマス議長
(ただし大統領職代行中はユルシェーナスが代行)
第14-15代:2000年 - 2006年
次代:
ヴィクトラス・ムンティアナス
公職
先代:
ロランダス・パクサス
リトアニアの旗 リトアニア共和国大統領(代行)
2004年
次代:
ヴァルダス・アダムクス
先代:
アルーナス・クンドロタス
リトアニアの旗 リトアニア共和国環境大臣
2008年
次代:
ゲディミナス・カズラウスカス
党職
先代:
(結党)
新同盟党首
1998年 - 2011年
次代:
労働党に吸収)