ロス・アンデスのテレサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロス・アンデスのテレサ(Teresa de Jesus Los Andes、1900年7月13日-1920年4月12日)は、チリカルメル会修道女カトリック教会の聖人。本名、フアナ・フェルナンデス・ソラール(Juana Fernandez Solar)。

生涯[編集]

チリサンティアゴの裕福な貴族階級の4番目の子供として生まれたフアナは両親から「フアニータ」と呼ばれた。5歳のころから敬虔なキリスト教信者として育ち信仰を深めていった。その一方で乗馬などの運動や音楽にも親しみ学業の成績も優秀で貧困層の住民に対しての心遣いを忘れなかった。聖母マリアへの信心を深めロザリオを唱えていた。15歳のころ、フアナは貞潔の誓いを立て、信仰に生きる決心をし日記を執筆し始めた。彼女は親交の深かったカルメル会の修道院長から霊的指導を受け入会する決心した。 1919年5月7日、ロス・アンデスのカルメル会修道院に入り修道女となり「イエスのテレサ」と名乗った。しかし、彼女はチフスを発症しその苦しみを受け入れ、1920年、聖週間の間に病者の秘蹟(カトリック教会における秘蹟のひとつ)を受け、修道女としての誓願を立て、同年4月12日に死去、19歳の若さであった。 死後、彼女が残した日記等の文書を通じてその聖徳が認められ列聖調査が開始され、1987年ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福され、1993年、列聖された。

出典[編集]

  • 『ケリトの水にうるおされて』 ペニー・ヒッキー編集 泰阜カルメル会訳 (『カルメル霊性センターニュース』2012年1月号、2月号に掲載 カルメル会上野毛修道院発行)