ルシア・ドス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルシア・ドス・サントス(左)、フランシスコ、ヤシンタ。1917年撮影

ルシア・デ・ジェズス・ドス・サントスLúcia de Jesus dos Santos 1907年3月22日2005年2月13日)はポルトガルファティマにおける聖母出現の目撃者の一人で、カトリック修道女カルメル会)。ルシアは3人の目撃者の中で唯一、長命であった。

生涯[編集]

ファティマの農村で生まれ育ったルシアは両親共に敬虔なカトリックで、特に幼い頃からその影響を受けていた。それが後に聖母マリアの出現につながってゆくこととなる。

ルシアが最初に不思議な経験をし始めるのが1915年4月から10月にかけてのことである。友人と一緒に遊んでいるときに天使を幻視する。その後、1917年5月13日の日曜日。従兄妹であるフランシスコ・マルトヤシンタの兄妹と一緒に羊の番をしているときに三人の前に『聖母』が現れた。

その『聖母』は3人の子供たちに予言を残し消えていった。それに驚いたルシアは急いで両親にその出来事を伝えた。両親も最初は信じなかったがやがて村全体、その近郊の町に伝わり、小さな村でしかなかったファティマは大勢の参拝客で賑わった。それから毎月13日にかけて聖母は現れた。ファティマの聖母

聖母出現の出来事はヨーロッパ全土にまで伝わり、賛否両論のセンセーショナルを巻き起こした。『聖母』が残した予言の中で3つが有名で、1つ目が第一次世界大戦の終結で、2つ目がロシア帝国の崩壊と共産主義の台頭と、もう一つの予言が長年の間、バチカンによって封印されてきた。それについての詳細はファティマの聖母を参照。

その後、聖母の予言通り、フランシスコは1919年4月4日、ヤシンタは1920年2月20日に流行の病でそれぞれこの世を去る。

一人残されたルシアはドロテア(Doroteia)修道会に入り、シスター(カトリックの修道女)となる。ここでの彼女は同僚からの羨望と嫉妬に苦しんでいたがそれでも2人の弔いと自分の使命を全うした。1948年ローマ教皇ピウス12世によってカルメル会に転属される。

1981年、教皇ヨハネ・パウロ2世が銃撃され、一命をとりとめたのは、ファティマの聖母の記念日である5月13日であった。回復後、教皇は摘出された弾丸を聖地となったファティマに奉納し、2000年にフランシスコ、ヤシンタ兄妹を列福した。また、ルシアは後年ヨハネ・パウロ2世と会っている。ルシアは2005年2月13日、心不全で死去した。

死後[編集]

彼女の死後3年が経過して、2008年2月13日には教皇ベネディクト16世が彼女の列福調査の開始を許可した。通常、列福調査は該当者の死後5年経過しないと始まらないが、教皇はルシア修道女に関して特別に免除した。早期列福の調査は前教皇ヨハネ・パウロ2世マザー・テレサに次ぐものとなる。

陰謀論[編集]

1948年3月にピオ12世の教皇特別許可のもと41歳のルシアはドロテア会から離れ、ポルトガルのコインブラ、カルメル会サンタテレサ修道院へと移動した。

移動後はカルメル会の精神に基づいて社会との一切の関わりばかりでなく最も身近な肉親との会話さえも、会話が霊的でない限り必要最小限にとどめる事を要求された。これらの事は一部の人々、例えばファティマ・クルセードー[1]の活動で有名なカナダ人のグルーナー神父(1942年5月4日~2015年4月29日)[2]らに、当時世界中のカトリック信者に絶大な影響力のあったルシアの口封じをするためのものだったのではないかと考えさせるに至った。

この1948年の移動後にルシアが偽物に置き換えられたという噂が存在する。偽物と思われる人物と本物と思われる人物の顔の各部分の写真を並べて比較検討したものがネット上で多数公開されている。歯並びや歯の大きさ、横顔などに同一人物とは思えない程度の相違点が認められ、現在教会の内外を問わず議論を巻き起こしている。また言動上の違いも注目されている。

同じ年の1948年にはアンニバレ・ブニーニ[3]が典礼改革委員会長官に同教皇によって任命されている。50年代には様々な教会改革・典礼改革[4]が始まった。たとえば聖体拝領前の断食は1953年には真夜中から拝領前までだったのが拝領前3時間になり4年後にはさらに緩和された。1955年には聖週間の新しい典礼様式が発表され、1962年には次の新しい教皇によって公会議が開かれた。

しかし第三の秘密にいたっては60年代になってなおも公にされる事はなかった。

プロテスタントの神学者を多数迎えて行われた公会議[5]での改革派は、マリア論を警戒する傾向にあり、投票が行われた時の擁護者との票差はわずかなものだった。[6]

公会議が閉会された1965年以降、1967年になってから『ルシア』は再びパウロ6世教皇のファティマ巡礼の折にファティマに姿を見せた。1967年、1982年、1992年、2000年の4回にわたって行われたそれぞれの時の教皇によるファティマ巡礼の折に『ルシア』は修道院から約87キロ離れたファティマにその都度戻っている。しかしこの『ルシア』が先の理由から本物かどうかという疑問が発せられている。

近年、機関紙であるインサイド・ザ・バチカン誌(2006年3月号)に替え玉と思われている人物の若い時の写真が誤って掲載されたことも一部の人々にこのような確信を深めさせた。[7]


関連項目[編集]