フランソワーズ・ダンボワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランソワーズ・ダンボワーズ
フランソワーズ・ダンボワーズの聖遺物箱。サン・ピエール・ド・ナント大聖堂

福者フランソワーズ・ダンボワーズ(Françoise d'Amboise、1427年3月29日トゥアル - 1485年11月4日ブゲネ)は、ブルターニュピエール2世の妃。夫の没後に修道女となり、ヴァンヌにフランス初のカルメル会女子修道院を創設した。死後に列福された。

裕福なタルモン領主にしてトゥアル子爵であるルイ・ダンボワーズとルイーズ・マリー・ド・リューの娘として生まれた。強力な領主たちの暴力から逃れるため、フランソワーズは母とともにブルターニュ宮廷のあるヴァンヌ、そしてナントへ逃亡した。

フランソワーズが3歳のとき、ブルターニュ公の次男ピエールとの婚約が整えられ、15歳になった1442年に正式に結婚した。1450年にピエールの兄フランソワ1世が予期せずに亡くなり、ピエールが即位した。公爵夫人となったフランソワーズは、ブルターニュの政を積極的にしかし控えめにこなしていった。彼女はこども、病人、貧者を助けた。彼女の夫、ピエール2世は1457年に病に倒れ亡くなった。フランソワーズはルイ・ダンボワーズの3人の娘たちのうち長女であったため、フランス王ルイ11世は王族の一人とフランソワーズを再婚させ、トゥアル子爵領を王領に併合させようと目論んだ。このためにフランソワーズは再び逃亡した。

子供のない未亡人であるフランソワーズは、カルメル会総長であるジャン・ソレスとともに1463年にフランス最初のカルメル会修道院をヴァンヌに創設した。1468年3月25日、フランソワーズは自身がカルメル会に入信して修道女となった。

1477年、義理の甥であるフランソワ2世が、規律が少し緩んでいたベネディクト会派のクエト修道院(現在のブゲネにあった)を矯正するためにナントに招聘した。カルメル会派コミュニティーはヴァンヌを去ってクエトに新たなコミュニティーをもうけた[1]。カルメル会のクエト修道院はフランス革命まで存続した[2]

フランソワーズは1485年にクエト修道院で没した[3]

死後数年して、ローマ教皇インノケンティウス8世によってフランソワーズは福者とされた。彼女の典礼追悼は1863年にピウス9世によって追認された。

脚注[編集]

  1. ^ Abbé Richard, Vie de la bienheureuse Françoise d'Amboise, Nantes, 1865, p 54
  2. ^ Au XIXe, l'emplacement du monastère est utilisé pour le Petit séminaire de Nantes ; actuellement, c'est le lycée professionnel Louis-Brottier, de l'institution des Orphelins d'Auteuil.
  3. ^ Vie de Françoise d'Ambroise site carmel.asso