フランソワ2世 (ブルターニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナント大聖堂にあるフランソワ2世の墓碑

フランソワ2世(François II de Bretagne, ブルトン語:Frañsez II, 1433年6月23日 - 1488年9月9日)は、ブルターニュ(在位:1458年 - 1488年)。ブルターニュ系ドルー家最後の男系男子で、ブルターニュ公ジャン4世(5世)の孫である。父エタンプ伯リシャールはブルターニュ公ジャン5世(6世)およびアルテュール3世(アルテュール・ド・リッシュモン)の弟であり、母マルグリット・ドルレアンオルレアン公シャルル・ド・ヴァロワの妹である。

生涯[編集]

1458年、嫡子のなかった伯父アルテュール3世の死後に公位を継いだ。父リシャールは1438年、フランソワの幼少時にすでに死去していた。最初に従兄フランソワ1世(ジャン5世(6世)の息子)とイザベラ・ステュアートスコットランドジェームズ1世の次女でルイ11世の最初の妃マーガレットの妹)の娘マルグリット・ド・ブルターニュ(1443年 - 1469年)と結婚し、死別後にフォワ伯ガストン4世ナバラ女王レオノールの娘マルグリット・ド・フォワ(? - 1486年)と再婚した。

ヴィルキエ男爵夫人アントワネット・ド・マニュレ(アニェス・ソレル死後にシャルル7世の愛妾となった女性)を1461年以降愛妾とし、彼女との間にマシュクール領主フランソワ・ダヴォグールを含む7子をもうけた。

1488年にフランソワ2世が落馬事故で急死した時、嫡出の子は2番目の妻との間の娘で当時10歳のアンヌのみであり、彼女がブルターニュ公位を継いだ。アンヌはシャルル8世、のちルイ12世(オルレアン公シャルルの息子)の2代のフランス王の妃となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
アルテュール3世
ブルターニュ
CoA dukes of Bretagne 1316-1514 (chivalric).svg
1458年 - 1488年
次代:
アンヌ