ロキシーの夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロキシーの夜
近田春夫
近田春夫&ハルヲフォン
シングル
リリース
録音 1977年
ジャンル ロック
時間
レーベル キングレコード
プロデュース 近田春夫
チャート最高順位
近田春夫
近田春夫&ハルヲフォン 年表
恋のT.P.O.
1976年
ロキシーの夜
1977年
きりきりまい
1978年
テンプレートを表示

ロキシーの夜』は、1977年(昭和52年)8月21日にリリース[1]された日本のロックシンガー近田春夫のソロデビューシングルであり、日本のロックバンド近田春夫&ハルヲフォンの4枚目のシングルである。

概要[編集]

本シングル『ロキシーの夜』は、A面が「近田春夫」名義、B面が「近田春夫&ハルヲフォン」名義というクレジットで、シングル発売された。

当初本シングルは、近田春夫&ハルヲフォンのフロントマンである近田春夫の「ソロデビューシングル」として企画された。作詞に、当時高田みづえ硝子坂』等の作詞家としてヒットを飛ばしていた、プラスチックスリズムボックス奏者・島武実、そして作曲には、当時飛ぶ鳥を落とす勢いの作曲家筒美京平を起用した。近田の当時の志向として、ロックの立場で歌謡曲を歌う、というスタンスによる[2]

当時のハルヲフォンのメンバー恒田義見の回想によれば、恒田は本シングルの演奏にはかかわらなかったが、レコーディング中の近田に六本木に呼び出され、B面『闇にジャックナイフ』のキーがどうしても合わないから、歌ってくれないか、と誘われたという。それが、B面のみリードヴォーカルが恒田であり、近田春夫&ハルヲフォン名義である、ということの経緯である[2]。恒田によれば、本作がハルヲフォンの最後のレコードとなった、ということである[2]

A面の『ロキシーの夜』、B面の『闇にジャックナイフ』はともに、当時アルバムに収まることはなかったが、その後、1978年(昭和53年)6月21日発売のアルバム『電撃的東京』が1989年(平成元年)3月21日にCD再発売されたときに、ボーナストラックとして追加された。したがって、同アルバムはその後、1992年(平成4年)11月21日1995年(平成7年)11月22日2004年(平成16年)4月7日と4回にわたって、2曲のボーナストラックをともなった同形式でCD再発売されており、音源の入手は可能である[3]

収録曲[編集]

  1. ロキシーの夜
  2. 闇にジャックナイフ
    • 作詞島武実、作曲筒美京平、編曲近田春夫

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 月刊『明星』(集英社)、1977年10月号別冊付録『Young Song 1977.10』、『ロキシーの夜』の項(P.40)の記述を参照。
  2. ^ a b c 恒田義見の公式ブログ「ROCK'N ROLL MY WAY」内の「ハルヲフォン誕生 Archived 2009年3月3日, at the Wayback Machine.」(2008年12月14日付)の記述を参照。
  3. ^ #外部リンクの「電撃的東京」の各リンク先の記述を参照。

外部リンク[編集]