レッコ (レッコ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レッコ
Lecco
レッコの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州の旗 ロンバルディア
県/大都市 Blank.png レッコ
CAP(郵便番号) 23900
市外局番 0341
ISTATコード 097042
識別コード E507
分離集落 #行政区画参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 47,415 [1](2021-01-01)
人口密度 1,032.3 人/km2
文化
住民の呼称 lecchesi
守護聖人 聖ニコーラ (San Nicolò)
祝祭日 12月6日
地理
座標 北緯45度51分 東経09度24分 / 北緯45.850度 東経9.400度 / 45.850; 9.400座標: 北緯45度51分 東経09度24分 / 北緯45.850度 東経9.400度 / 45.850; 9.400
標高 214 (198 - 1875) [2] m
面積 45.93 [3] km2
レッコ (レッコ県)の位置(イタリア内)
レッコ (レッコ県)
レッコの位置
レッコ県におけるコムーネの領域
レッコ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

レッコイタリア語: Lecco ( 音声ファイル))は、イタリア共和国ロンバルディア州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約47,400人の基礎自治体コムーネ)。レッコ県県都である。

コモ湖の南東端に位置する。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

レッコ県の中部に位置するコムーネである。レッコの街は、コモから東北東へ25km、ベルガモから北西へ28km、州都ミラノから北北東へ47kmの距離にある[4]。コモ湖のコモ側が大きなホテルの存在のために観光客に知られるようになった場合、レッコ支店は歴史的に最も重要で排他的で、最も美しい湖と山の環境で、レオナード・デ・ヴィンチによって長い間勉強されています、ここでは、偉大なイタリアの産業家や貴族の機密で隠されたヴィラ、そして古代ローマの貴族、ヴィラコメディアデプリニオを含む古代ローマの貴族、リーナの秘密の村の若者、サボイのイタリアの王室。

「人」の字形のコモ湖の南東端に位置する。コモ湖(ラーリオ湖)南側の三角形の地域、トリアンゴロ・ラリアーノ(Triangolo Lariano)の頂点の一つである(ほかの2つはコモベッラージョ)。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。括弧内のBGはベルガモ県所属を示す。

地勢・地形[編集]

コモ湖の南東側の分枝は、とくに「レッコ湖」 (it:Lago di Leccoとも呼ばれる。コモからはアッダ川が流出する。

気候分類・地震分類[編集]

気候分類イタリア語版では、zona E, 2383 GGに分類される[5]。 また、イタリアの地震リスク階級 (itでは、zona 3 (sismicità bassa) に分類される[6]

コモ湖周辺の地図

歴史[編集]

行政[編集]

行政区画[編集]

レッコには以下の(リオーネイタリア語版)がある。

  • Centro, Castello, Pescarenico, San Giovanni alla Castagna, Rancio, Laorca, Caleotto, Acquate, Olate, Bonacina, Germanedo, Belledo, Maggianico, Chiuso, Colle Santo Stefano

姉妹都市[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Resident population on 1st January : Lombardia” (英語). 2021年5月10日閲覧。左側メニューのPopulation and Households > Population > Resident population on 1st January > Regions and municipalities より州を選択
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Lecco (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2014年7月7日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Lecco (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2014年7月7日閲覧。
  4. ^ 地図上で2地点の方角・方位、距離を調べる”. 2017年1月7日閲覧。コモは"comune di Como"で検索。
  5. ^ Tabella dei gradi/giorno dei Comuni italiani raggruppati per Regione e Provincia”. 新技術エネルギー環境局(ENEA) (2011年3月1日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  6. ^ Classificazione sismica - Aggiornata ad aprile 2021. (xls)”. https://rischi.protezionecivile.gov.it/it/sismico/attivita/classificazione-sismica. イタリア市民保護局. 2021年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]