李康生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リー・カンションから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
リー・カンション
李 康生
李 康生
生年月日 (1968-10-20) 1968年10月20日(51歳)
出生地  台湾台北市
職業 俳優映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1989年 -
テンプレートを表示

李 康生(リー・カンション、1968年10月20日 - )は、台湾の俳優、映画監督、脚本家である。

経歴[編集]

2003年の初監督作品『迷子』につづき、2007年に『ヘルプ・ミー・エロス』を監督[1]。2009年のオムニバス作品『台北24時』では短編「Remembrance」を監督した[2]

フィルモグラフィー[編集]

  • 青春神話(1992年) - 出演
  • 愛情萬歳(1994年) - 出演
  • 河(1997年) - 出演
  • Hole-洞(1998年) - 出演
  • ふたつの時、ふたりの時間(2001年) - 出演
  • 迷子(2003年) - 監督・脚本
  • 楽日(2003年) - 出演
  • 西瓜(2005年) - 出演
  • 黒い瞳のオペラ(2006年) - 出演
  • ヘルプ・ミー・エロス(2007年) - 監督・脚本
  • ヴィザージュ(2009年) - 出演
  • 台北24時「Remembrance」(2009年) - 監督・脚本
  • 郊遊 ピクニック(2013年) - 出演

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エロティックなダークネス - リー・カンション インタビュー”. Flowerwild (2007年12月20日). 2014年9月30日閲覧。
  2. ^ 『台北24時』、リー・カンション監督 インタビュー”. Flowerwild (2009年12月21日). 2014年9月30日閲覧。
  3. ^ 台湾の名匠ツァイ・ミンリャン、リー・カンション&片桐はいりの熱視線に引退宣言撤回?”. 映画.com (2014年6月17日). 2014年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]