迷子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

迷子(まいご)とは、自分の所在が分からなくなり、目的地に到達することが困難な状況に陥った子供、もしくはその状態を指す。

百貨店や行楽地、その他雑踏においては、本人の目的に関わりなく、引率者から子供の所在を確認できなくなった時点で迷子とみなされる。

子供だけではなく、成人でも初めて訪れた場所などでは同様の状況に陥りやすくなり、迷子と呼ばれることがある。また知的障害自閉症認知症成人にも起こりやすいが、こちらは徘徊(はいかい)と呼ばれることが多い。

迷子は、警察機関や施設管理者等により適切に保護されなければ、第三者による連れ去り猥褻行為などの対象となる可能性があり、生命に危険が及ぶ場合もある。

迷子の保護方法[編集]

迷子センター
迷子の発生が予測される海水浴場や行楽地などでは、迷子の保護を目的として迷子センターが設置されることが多い。職員などによって連れてこられたり、自分で迷子センターを訪れた子供を保護し、引率者を場内放送などで呼び出して再会させる。
迷子札
迷子になることが予想される子供に、あらかじめ氏名、住所、電話番号などを書いた札を持たせ、子供を保護した人からの連絡を求めるものである。迷子札を落とさないように、また迷子札を所持していることがわかりやすいように首からぶら下げることが多いが、遊んでいるうちに紐が引っかかって首を吊ってしまう事故が発生したり、名札と同様、誘拐事件などに利用されることがあり、現在ではあまり推奨されていない。
GPS
近年では、子供にGPS端末、あるいはGPS機能を持つ携帯電話を持たせることも多い。必要なときにいつでも子供の所在を確認できるため、迷子のほか、連れ去り事件などを懸念する親が持たせることが多い。

関連項目[編集]