リーガ1 (インドネシア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゴジェック・リーガ1
加盟国  インドネシア
大陸連盟 AFC (アジア)
創立 2008 (インドネシア・スーパーリーグとして)
2017 (リーガ1として)
参加クラブ 18
リーグレベル 第1部
下位リーグ リーガ2
国内大会 ピアラ・インドネシア
インドネシア・コミュニティ・シールド
インドネシア・プレジデンツカップ
国際大会 AFCチャンピオンズリーグ
AFCカップ
最新優勝クラブ バヤンカラ (1回目) (2017)
最多優勝クラブ プルシプラ・ジャヤプラ (3回)
テレビ局 Indosiar、O Channel、tvOne
公式サイト liga-indonesia.id
2018

リーガ1インドネシア語: Liga 1, 英語: League One)は、PT Liga Indonesia Baruが運営する、インドネシアプロサッカーリーグの最上位カテゴリ。2015年まではインドネシア・スーパーリーグ (ISL) と称していた。

歴史[編集]

1994年、インドネシアサッカー協会(PSSI)はそれまでに存在したセミプロのガラタマ英語版とアマチュアのプルスリカタン英語版という2つのリーグを統合して、プロリーグのリーガ・インドネシア (Liga Indonesia) を設立した[1]。同リーグは最大で4つのディビジョンからなり、最上位ディビジョンはリーガ・インドネシア・プレミア・ディビジョン(Liga Indonesia Premier Division)と呼ばれ、1994-95シーズンから2007シーズンまで13シーズン続いた[1]

2008-09シーズンから、国内の最上位カテゴリとしてインドネシア・スーパーリーグ(Indonesia Super League、ISL)が創設された。それに伴いリーガ・インドネシア・プレミア・ディビジョンは国内で2番目のリーグとなった。2011年にはPSSIの分裂抗争を受け、新たにインドネシア・プレミアリーグインドネシア語: Liga Prima Indonesia, 英語: Indonesian Premier League、略称:IPL)が創設された[2][3]。一方で、ラ・ニャッラ・マタリッティ英語版を中心とする派閥(KPSI)はIPLと別にスーパーリーグを継続した[4][5]。国内に2つのトップリーグが並立する事態が生じ、国際サッカー連盟(FIFA)も仲介に乗り出した[6]。2014年にトップリーグは統合され、ISLに一本化された[7]

2015年、オーナーが同じ2つのクラブがISLに参加していることを問題視するインドネシアプロフェッショナルスポーツ機構(BOPI)の是正勧告をPSSIが受け入れなかったため、青年・スポーツ相はPSSIの活動を凍結する大臣令を出した[8][9][10][7]。2015シーズンのISLは開幕直後に中断された[8][10]。FIFAは規約で禁止している政府によるサッカー協会への干渉とみて、2015年5月から2016年5月までPSSIに資格停止処分を課した[11][10]

2016年はISLの代わりにインドネシア・サッカーチャンピオンシップ(ISC)というトーナメントが開催された。これはPSSIによる公式な大会ではなく、優勝チームにアジアのクラブ大会への出場資格は与えられなかった[8][12]

2017年に現在のリーガ1(Liga 1)に改称した[12]。バイクタクシー予約システム「ゴジェック英語版」と旅行会社の「トラベローカインドネシア語版」がスポンサードし、「ゴジェック・トラベローカ・リーガ1」と称する。

2018シーズン所属クラブ[編集]

クラブ 都市 スタジアム 収容人数 2017シーズン成績
アレマ Malang英語版 Kanjuruhan英語版 42,449 リーガ1 9位
バリ・ユナイテッド英語版 ギャニャール Kapten I Wayan Dipta英語版 25,000 リーガ1 2位
バリト・プトラ英語版 バンジャルマシン May 17th英語版 15,000 リーガ1 7位
バヤンカラ英語版 ジャカルタ PTIK英語版 3,000 リーガ1 優勝
ボルネオ英語版 サマリンダ Segiri英語版 16,000 リーガ1 8位
マドゥーラ・ユナイテッド英語版 Pamekasan英語版 Gelora Ratu Pamelingan英語版 15,000 リーガ1 5位
ミトラ・クカール英語版 Tenggarong英語版 Aji Imbut英語版 35,000 リーガ1 10位
プルセバヤ英語版 スラバヤ ゲロラ・ブン・トモ 55,000 リーガ2 優勝
プルセラ英語版 Lamongan英語版 Surajaya英語版 14,000 リーガ1 14位
プルセル英語版 Serui英語版 Marora英語版 5,000 リーガ1 15位
プルシブ バンドン Gelora Bandung Lautan Api英語版 38,000 リーガ1 13位
プルシジャ ジャカルタ ゲロラ・ブン・カルノ 76,127 リーガ1 4位
プルシプラ ジャヤプラ Mandala英語版 30,000 リーガ1 6位
PS TIRA英語版 Bantul英語版 Sultan Agung英語版 35,000 リーガ1 12位
PSIS英語版 スマラン Moch. Soebroto英語版 20,000 リーガ2 3位
PSM マカッサル アンディ・マッタラッタ 12,000 リーガ1 3位
PSMS英語版 メダン Teladan英語版 20,000 リーガ2 2位
スリウィジャヤ パレンバン ゲロラ・シュリーヴィジャヤ 23,000 リーガ1 11位

歴代優勝クラブ[編集]

シーズン 優勝 準優勝 3位
2008-09 プルシプラ・ジャヤプラ プルシワ・ワメナ プルシブ・バンドン
2009-10 アレマ・インドネシア プルシプラ・ジャヤプラ プルシバ・バリクパパン
2010-11 プルシプラ・ジャヤプラ アレマ・インドネシア プルシジャ・ジャカルタ
2011-12 スリウィジャヤFC プルシプラ・ジャヤプラ プルシワ・ワメナ
2013 プルシプラ・ジャヤプラ アレマ・インドネシア ミトラ・クカール
2014 プルシブ・バンドン プルシプラ・ジャヤプラ
2015 中断
2017 バヤンカラ バリ・ユナイテッド PSMマカッサル

歴代得点王[編集]

シーズン 選手 所属 得点
2008-09 インドネシアの旗 ボアズ・ソロッサ
ウルグアイの旗 クリスティアン・ゴンサレス
プルシプラ・ジャヤプラ
プルシク・ケディリ/プルシブ・バンドゥン
28
2009-10 パラグアイの旗 アルド・バレート ボンタン 19
2010-11 インドネシアの旗 ボアズ・ソロッサ プルシプラ・ジャヤプラ 22
2011-12 ブラジルの旗 ベト プルシプラ・ジャヤプラ 25
2013 インドネシアの旗 ボアズ・ソロッサ プルシプラ・ジャヤプラ 25
2014 カメルーンの旗 Emmanuel Kenmogne ペルセバヤ・スラバヤ 25
2015 中断
2017 オランダの旗 シルヴァノ・コンバリウス バリ・ユナイテッド 37

歴代最優秀選手[編集]

シーズン 選手 所属
2008-09 インドネシアの旗 ボアズ・ソロッサ プルシプラ・ジャヤプラ
2009-10 インドネシアの旗 クルニア・メイガ アレマ・インドネシア
2010-11 インドネシアの旗 ボアズ・ソロッサ プルシプラ・ジャヤプラ
2011-12 セントクリストファー・ネイビスの旗 キース・ガンブス スリウィジャヤFC
2013 インドネシアの旗 ボアズ・ソロッサ プルシプラ・ジャヤプラ
2014 インドネシアの旗 Ferdinand Sinaga プルシブ・バンドン
2015 中断
2017 ポルトガルの旗 パウロ・セルジオ バヤンカラ

スポンサー企業[編集]

  • 2008-2011: Djarum (ジャルム・インドネシア・スーパーリーグ)
  • 2011-2012: antv (インドネシア・スーパーリーグ)
  • 2013-2023: BV Sport (インドネシア・スーパーリーグ)

国外リーグとの提携[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Indonesia - List of (Semi-)Professional Champions”. RSSSF. 2018年8月30日閲覧。
  2. ^ 15 Klub Ikuti Liga Primer Indonesia” (インドネシア語). 2015年4月3日閲覧。
  3. ^ ISL dan IPL Akhirnya Bersatu” (インドネシア語). 2015年4月3日閲覧。
  4. ^ 堀之内健史 (2013年3月21日). “内紛のサッカー界統合 国務相「会議は成功」 火種は依然残る”. じゃかるた新聞. https://www.jakartashimbun.com/free/detail/10095.html 2018年8月30日閲覧。 
  5. ^ エリック・ノヴェアント. “Goal.comアジアカウントダウンto2013:インドネシア”. Goal.com. http://www.goal.com/jp/news/3476/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2/2012/12/22/3619382/goalcom%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3to%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A2 2018年8月30日閲覧。 
  6. ^ 堀之内健史 (2013年1月23日). “3選手最大8カ月超に 日本人への給料未払い 2リーグ分裂のイ・プロサッカー”. じゃかるた新聞. https://www.jakartashimbun.com/free/detail/8993.html 2018年8月30日閲覧。 
  7. ^ a b アジアサッカー研究所/長谷川 (2015年7月21日). “アジア戦略にもダメージ。FIFAの制裁続くインドネシア”. アジアサッカー研究所. https://ja.ifaf.asia/column/1711 2018年8月30日閲覧。 
  8. ^ a b c “Which footballers have their nationality in their surnames?”. The Guardian. (2016年11月2日). https://www.theguardian.com/football/2016/nov/02/which-footballers-have-their-nationality-in-their-surnames 2018年8月30日閲覧。 
  9. ^ 堀之内健史 (2015年6月1日). “国際大会の出場停止 大統領「組織を刷新」 FIFAが処分決定”. じゃかるた新聞. https://www.jakartashimbun.com/free/detail/25118.html 2018年8月30日閲覧。 
  10. ^ a b c 中島昭浩 (2017年1月17日). “3年ぶり再開へ 18チームで3月下旬開幕 サッカー国内リーグISL”. じゃかるた新聞. https://www.jakartashimbun.com/free/detail/33211.html 2018年8月30日閲覧。 
  11. ^ “FIFA's Gianni Infantino has meeting to discuss lifting Indonesia ban”. ESPN. (2016年4月27日). http://www.espn.in/football/blog/football-asia/153/post/2859595/fifa-gianni-infantino-has-fruitful-meeting-to-discuss-lifting-indonesia-ban 2018年8月30日閲覧。 
  12. ^ a b “Football: Indonesia unveils new top-flight league”. The Star Online. (2017年4月12日). https://www.thestar.com.my/sport/football/2017/04/12/indonesia-unveils-new-topflight-league/ 2018年8月30日閲覧。 
  13. ^ Jリーグがインドネシアスーパーリーグとパートナーシップ協定を締結…海外6件目(ゲキサカ 2015年2月13日閲覧)

外部リンク[編集]