リナーテ空港事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リナーテ空港事故
Linate Airport disaster map en.gif
事故発生時の両機の動き。青は686便の進路。セスナ機が指示された進路は緑(R5誘導路)、実際に取った進路は赤(R6誘導路)。セスナ機は「S4」のサイン(赤2)を視認したが誘導路が間違っていることは管制塔にも機長にも分からず、両機は滑走路の真ん中で衝突し(青3、赤3)、686便は手荷物ハンガー(青4)に突入
事故の概要
日付 2001年10月8日
概要 濃霧による滑走路上での衝突
現場 イタリアの旗 イタリアミラノリナーテ空港
負傷者総数
(死者除く)
4(全員地上にて)
死者総数 118(両機の搭乗者全員と地上の4人)
第1機体

2000年に撮影された事故機
機種 マクドネル・ダグラス MD-87
機体名 Lage Viking
運用者 スカンジナビア航空
機体記号 SE-DMA
出発地 イタリア・ミラノ、リナーテ空港
目的地 デンマーク・コペンハーゲン、コペンハーゲン空港
乗客数 104
乗員数 6
死者数 110(全員)
生存者数 0
第2機体

事故機と同型のセスナ サイテーション CJ2
機種 セスナ サイテーション CJ2
運用者 Air Evex[1][2]
機体記号 D-IEVX
出発地 イタリア・ミラノ、リナーテ空港
目的地 フランス・パリ、ル・ブルジェ空港
乗客数 2
乗員数 2
死者数 4(全員)
生存者数 0
テンプレートを表示

リナーテ空港衝突事故: Disastro aereo di Linate)は、2001年10月8日ミラノリナーテ空港で起こった航空事故である。

乗員乗客110人を乗せたスカンジナビア航空686便コペンハーゲンMD-87型機、及び、4人搭乗・パリ行き・ドイツ籍のセスナ サイテーションが、視界50mの濃霧の中、滑走路上で衝突、両機とも全員が死亡した上、手荷物管理棟でもイタリア人8人が死傷した。

事故の概要[編集]

濃霧でパイロットの視界は50m程度だった。セスナ機は、濃霧や空港の欠陥により管制塔指示に反して、スカンジナビア航空機が離陸態勢に入っていた滑走路内に誤進入、午前8時10分に両機は衝突した。686便は時速270kmで1〜2mほど浮上、右側の車輪がセスナ機胴体に衝突、右側のエンジンと車輪を喪失。9秒ほど飛行したが、左エンジンは破片を吸い込み出力が出ず、空港内の手荷物管理棟へと突入。満載した10tの航空燃料が激しく炎上し、乗客乗員全員死亡。管制塔は濃霧のため3分も事故に気付かず、救助隊の出動が遅れた。また、セスナ機が見つかったのは25分後だった。セスナ搭乗4人のうち1人は即死、残りは煙を吸って死亡。他に地上にいたイタリア人4人が死亡、4人が負傷した。

原因と責任[編集]

セスナ機が本来進むべきR5誘導路でなくR6誘導路に誤進入したこと、及び、その誤進入に管制もパイロットも気付かなかった。

事故発生当時、地上レーダーは購入済みだったが、使用していなかった。滑走路へのR5誘導路とR6誘導路の分かれ目の標識は、好天ですら非常に見にくく、おまけに、誘導路上に書かれていた文字が掠れて読みづらくなっており、これをセスナ機のパイロットが誤認した可能性がある。また、誤進入検知センサーは誤作動が多いため止められていた。セスナは滑走路上の「S4」という標識を管制塔に報告したが管制官の地図に「S4」の記入がなく、管制官はこの報告を聞き流した。濃霧の中、セスナ機のパイロット2名とも686便に気付かなかった。 皮肉なことに、事故の前日にも、同じようにR5誘導路とR6誘導路を間違えて滑走路に進入しようとした機が、滑走中の他機とニアミスを起こし、あわや大惨事になるところだった。その事案が事故調査の最中に発見されたため、事故調査委員会は空港の設備に問題がある疑いを強めることになった。

事故の約1ヶ月前、アメリカ同時多発テロ事件が起きたため、当初はテロも疑われた。

2004年4月16日ミラノ裁判所はこの事故についてリナーテ空港の責任者と管制官に8年の懲役刑、前管制責任者と前空港長に6年6ヵ月の懲役刑の有罪判決を言い渡した。このうち2006年7月に行われた控訴審では前管制責任者と前空港長については刑罰を科さなかったほか、イタリア議会恩赦によって罪に問われた者の刑罰も3年減刑され、2007年イタリアの最高裁判所もこの控訴審の判断を支持した。

犠牲者数とその国籍[編集]

コペンハーゲン行スカンジナビア航空686便

国籍 乗客数 乗員数 合計
 デンマーク 16 2 18
 フィンランド 6 1 7
イタリアの旗 イタリア 58 0 58
 ノルウェー 3 0 3
 ルーマニア 1 0 1
 南アフリカ共和国 1 0 1
 スウェーデン 17 3 20
イギリスの旗 イギリス 1 0 1
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 0 1
合計 104 6 110

パリ行セスナ機

国籍 乗客数 乗員数 合計
ドイツの旗 ドイツ 2 0 2
イタリアの旗 イタリア 0 2 2
合計 2 2 4

686便乗客のうち、機体後方の乗客は火傷による損傷が激しく遺体確認は困難だった。 686便犠牲者の身元判別方法は以下の通り。

  • 46人(42%)…外見
  • 22人(22%)…歯型
  • 19人(19%)…DNA検査と歯型
  • 16人(16%)…DNA検査
  • 1人(1%)…外見上の特徴(タトゥーなど)

追悼[編集]

2002年3月、リナーテ空港近くにあるフォルラニーニ公園内に犠牲者数と同じ118本のブナを植えたボスコ・ディ・ファッジという森がこの事故の追悼のためにオープンし、森の中にはスカンジナビア航空から寄付されたスウェーデンの彫刻家の作品が置かれた。

686便には、若いスウェーデン人カートレーシング選手が多数搭乗しており(ミラノでのイベントに出席した帰路であった)、その多くが死亡した。スウェーデンのカート界は大きな衝撃に覆われていたが、これをきっかけに、国内のカートレーシングクラブは、遺族らとともに若い選手を支援するための基金を設立することとなった。

映像化[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ANSV final report, section 3.1.2, page 156 (PDF page 174 of 196).
  2. ^ ANSV final report, appendix I (PDF)”. ANSV (2004年1月20日). 2011年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]