ラーメンスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラーメンスタジアムは、福岡県福岡市博多区キャナルシティ博多5階にあるフードテーマパークである。略称はラースタ新横浜ラーメン博物館のコンセプトを踏襲し、日本各地のご当地ラーメン店舗を揃えている。2001年12月に「ラーメンスタジアム」の名で開始し、1店舗の出店期間6ヶ月または1年の契約で店舗の入替を行っていたが、2005年に「ラーメンスタジアム2」となり、その後再び2010年に「ラーメンスタジアム」となった[1]

「2」以降はラーメン愛好家参加型のテーマパークとなり、人気店は残り不人気店は入替されるシステムが導入された。これにより、年に数回、2 - 3店舗が入れ替わることとなったが、人気は九州内の店舗や豚骨ラーメンを提供する店に集中し、これらの豚骨ラーメン店が入れ替わらないのに対し、非九州地域からの店舗は頻繁に入れ替わっており、全国的に有名なラーメン店であっても早々に撤退してしまうことがある。

博多地区と天神の中間という立地や、商業施設であるキャナルシティ博多内に設置されていることから、週末には県外や国外からの来場者もある。

店舗入替は2 - 3月、6月、10月頃に行われ、退店店舗は「卒業」という形で退店をPRする。退店の際、店舗によってはラーメンスタジアム歴代売上順位が公表される。また、店舗によっては不人気という理由ではなく、福岡市内に単独店舗を出店するためにあえて退店する場合もある。

出店中の店舗[編集]

2018年4月現在。本拠地地名は公式サイト[2]の表記に従う。

  • 初代 秀ちゃん(博多
  • 拉麺 久留米 本田商店(久留米
  • 札幌らーめん 大地(札幌
  • らーめん二男坊(博多
  • 新福菜館(京都)
  • 長浜ナンバーワン(博多)
  • 元祖トマトラーメン三味(大名)
  • 支那そば ちばき屋(東京)

過去に出店した店舗[編集]

  • 鹿児島ラーメン 復刻食堂(鹿児島)
  • 桂花 KEIKA(熊本)
  • 一黒丸(博多)
  • むつみ屋(北海道)
  • 山頭火(旭川) - 2016年に再出店
  • 坂内食堂(喜多方)
  • 香月(東京)
  • 六角家(横浜)
  • 風来軒(宮崎)
  • 味千(熊本)
  • 麺幸(函館)
  • 大砲(久留米)
  • 青葉(旭川)
  • 徳福(徳島)
  • 柿岡や(尾道)
  • すみれ(札幌)
  • 天童(山形)
  • くじら軒(横浜)
  • ちばき屋(東京)
  • 一心不乱(宮崎)
  • にゃがにゃが亭(東京)
  • 一幸舎(博多)
  • 我流風(鹿児島)
  • でびっと(東京)
  • 通堂(沖縄)
  • いちや(東京)
  • 宝屋(京都)
  • みすゞ(帯広)
  • 河むら(釧路)
  • 初代だるま(博多)
  • 好来(熊本)
  • 新福菜館(京都)
  • 白樺山荘(札幌)
  • 百麺(東京)
  • らーめん オハナ(藤沢)
  • 二代目 海老そば けいすけ(東京)
  • むらさき食堂(北九州)
  • ラーメン龍の家(久留米)
  • 拉麺 劉(熊本)
  • 中華そば 郷家(福岡)
  • 気むずかし家(長野)
  • 六厘舎(東京)
  • 東池袋大勝軒(東京)
  • 裏秀(秀ちゃんラーメン)(博多)
  • 羽釜屋(大阪)
  • 梅光軒(旭川)
  • 博多元助(博多)
  • 支那そば 勝丸(東京)
  • 信濃神麺 烈士洵名(長野)
  • さっぽろ 純連(札幌)
  • 中華そば 渕(東京)
  • らーめん 二男坊(福岡)
  • ラーメン凪 SELECTION(東京)
  • 麺家 いろは(富山)
  • ばりき家(東京)
  • 陽林軒(北九州)
  • 島系(福岡)
  • 大明坦々麺(重慶
  • かもめ食堂(気仙沼
  • 元祖 名島亭(長浜

所在地・営業時間[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Internet Archiveの保存情報による。4月10日まで情報が残っているが、5月2日以降はトップページが空白となっている。
  2. ^ [1]

外部リンク[編集]