ラテライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドの煉瓦工場
ラテライト

ラテライト: laterite)は、成帯土壌と呼ばれるもののうち、湿潤土壌に分類される土壌のひとつである。ラトソルラトゾルまたは紅土とも呼ばれる。語源はラテン語のLater(「煉瓦」の意)。

サバナ熱帯雨林に分布する。地表の風化物として生成された膠結物質(粒子間に鉱物が入り込み、それが接着作用をしたもの)である。雨季有機質微生物により分解することに加えて珪酸分や塩基類が溶脱したことにより残ったアルミニウムなど金属元素の水酸化物が表面に集積して形成される。

構成鉱物は主に針鉄鉱ギブス石ダイアスポアなどで、インドシナ半島およびインドキューバなどサバナ気候地方に広く分布している。やせ土なため農業には向いていないが、インドでは煉瓦をつくる原料に利用されている。

形成[編集]

風化による溶脱が起こる母岩によって成分も変わる。主成分は石英と重金属酸化物である。ボーキサイト花崗岩類から、鉄は苦鉄質火成岩から、ニッケル超苦鉄質岩から由来する。起伏が少なく溶脱塩類が流されないところで形成が進む。地質年代では新第三紀から第四紀にかけて発達したが、更新世中期から地球の寒冷化により形成が遅くなった。

産地と利用[編集]

ラテライトは世界の地表の1/3を占めると言われる。ラテライト化した最も古い岩石ブラジルオーストラリア先カンブリア楯状地の岩石である。それより新しい時代の造山活動に伴う岩石では、グアテマラコロンビア中部欧州、インド、ミャンマーニューカレドニア、キューバ、インドネシアフィリピンなどがある。

カンボジアアンコールワットには、山地から切り出された砂岩とラテライトが建築石材として使われている。また、水の浸透が良いため、スリランカでは地下のラテライト層を水が通り、アイルランドでは下水アルミニウム、鉄分の吸着材に使われるという。

ボーキサイト鉱床はラテライトが最も利用されている例だが、インドや南米で見られるように帯状に分布するのが特徴である。


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]