ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨーゼフ・アントン
Joseph Anton
ハプスブルク=ロートリンゲン家
József nádor Barabás Miklós.jpg
ヨーゼフ・アントン大公(バラバーシュ・ミクローシュ画、1846年)
称号 エスターライヒ大公
全名
出生 1776年3月9日
State flag simple of the Grand Duchy of Tuscany.svg トスカーナ大公国フィレンツェ
死去 1847年1月13日(満70歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ブダ
埋葬 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ブダブダ城、宮中伯墓所
配偶者 アレクサンドラ・パヴロヴナ・ロマノヴァ
  ヘルミーネ・フォン・アンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム
  マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク
子女
父親 レオポルト2世
母親 マリア・ルドヴィカ
役職 ハンガリー宮中伯
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン József nádor aláírás 1846.jpg
テンプレートを表示

ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒドイツ語: Joseph Anton von Österreich, 1776年3月9日 - 1847年1月13日)は、オーストリア帝国の皇族。ハンガリー語名はハーブスブルグ・ヨージェフ・アンタルHabsburg József Antal)、イタリア語名はジュゼッペ・アントニオ・ダズブルゴ=ロレーナGiuseppe Antonio d'Asburgo-Lorena)。

ハプスブルク=ロートリンゲン家ハンガリーにおける分家の祖として名高い。

生涯[ソースを編集]

トスカーナ大公レオポルド1世(後の神聖ローマ皇帝レオポルト2世)とその妃マリア・ルイーザの七男としてフィレンツェで生まれた。1796年、前年に死去した兄のアレクサンダー・レオポルト英語版大公に代わってハンガリー宮中伯英語版ハンガリー語: Nádor)となり、死去するまでその地位にあった。

家族[ソースを編集]

生涯で3度の結婚をしている。

1799年10月30日、サンクトペテルブルクロシア皇女アレクサンドラ・パヴロヴナパーヴェル1世の長女)と結婚した。1801年、アレクサンドラは長女アレクサンドリーネを死産したのち、急死した。

1815年8月30日、シャウムブルク城ドイツ語版でアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯女ヘルミーネと再婚した。ヘルミーネは1817年に男女の双生児を出産後、急死した。また、ヘルミーネが産んだ子供はいずれも生涯独身であったため子孫はない。

1819年8月24日、キルヒハイム・ウンター・テック英語版で21歳のヴュルテンベルク公女マリア・ドロテア(先妻ヘルミーネの従妹)と結婚した。マリア・ドロテアとの間には2男3女を儲けた。

ヨージェフ・アンタル大公の記念像(ブダペスト)