ヨーゼフ・カール・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨーゼフ・カール大公

ヨーゼフ・カール・ルートヴィヒ・フォン・エスターライヒJoseph Karl Ludwig von Österreich, 1833年3月2日 - 1905年6月13日)は、大公位を有するハプスブルク=ロートリンゲン家の一員。ハンガリー副王ヨーゼフ・アントン大公(オーストリア皇帝フランツ1世の弟)の三男で、母はその3番目の妻マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク

1864年にコーブルクで、ザクセン=コーブルク=コハーリ家の公子アウグストの娘クロティルデ(1846年 - 1927年)と結婚した。クロティルデの弟には後のブルガリアフェルディナンド1世がいる。ヨーゼフ・カールはクロティルデとの間に7人の子供をもうけた。