マリー=アンリエット・ド・アブスブール=ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリー=アンリエット
Marie-Henriette
ベルギー王妃
Maria Hendrika of Belgium, Winterhalter.jpg
在位 1865年12月17日 - 1902年9月19日
出生 1836年8月23日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
ハンガリー、ペシュト
死去 1902年9月19日(満66歳没)
ベルギーの旗 ベルギースパ
配偶者 レオポルド2世
子女 ルイーズ
レオポルド
ステファニー
クレマンティーヌ
父親 ヨーゼフ・アントン・フォン・エスターライヒ
母親 マリア・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示

マリー=アンリエット・ド・アブスブール=ロレーヌMarie-Henriette de Habsbourg-Lorraine,1836年8月23日 - 1902年9月19日)は、ベルギー国王レオポルド2世の王妃。

生涯[ソースを編集]

ハンガリー副王を務めたオーストリア大公ヨーゼフ・アントンとその3度目の妻であるヴュルテンベルク公女マリア・ドロテアの末娘として、ハンガリー王国のペシュトで生まれた。

1853年に、ベルギーのレオポルド王太子と結婚。2人の間には4子が生まれたが、政略結婚であり夫妻の不仲は公然の秘密となる[1]。さらにレオポルドは愛妾を夫妻の隣室に連れ込むようになるなど、マリー=アンリエットを冷遇したが、こうした状況を舅レオポルド1世は傍観していた[2]。その一方で、ハプスブルク家との関係破綻を恐れたレオポルド1世により同家との婚姻関係を強化するため末娘のマリー=シャルロット王女とマクシミリアン(後メキシコ皇帝)の縁組が企図されることとなった[3]

長男レオポルド王子の夭折と、夫レオポルド2世との不和によって、マリー=アンリエットは次第に塞ぎ込むようになっていった。晩年には、公的な役割を第三王女のクレマンティーヌに任せ、温泉地であるスパに隠棲した。マリー=アンリエットは1902年に亡くなり、遺骸はラーケンノートルダム・ド・ラーケン教会にある王室納骨堂に埋葬された。

子女[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 菊池 2014,p121
  2. ^ 菊池 2014,p121-122
  3. ^ 菊池 2014,p123


先代:
ルイーズ=マリー・ドルレアン
ベルギー王妃
1865年 - 1902年
次代:
エリザベート・ド・バヴィエール