シュテファン・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュテファン
Stefan
ハプスブルク=ロートリンゲン家
István nádor Bekel 1847.jpg
シュテファン大公(ヨーゼフ・ベクル画、1847年)
称号 エスターライヒ大公
全名
出生 (1817-09-14) 1817年9月14日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ブダ
死去 (1867-02-19) 1867年2月19日(満49歳没)
フランスの旗 フランス帝国マントン
埋葬 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ブダブダ城、宮中伯墓所
父親 ヨーゼフ・アントン
母親 ヘルミーネ
役職 ハンガリー宮中伯
宗教 キリスト教カトリック教会
サイン István nádor signature.jpg
テンプレートを表示

シュテファン・フォン・エスターライヒドイツ語: Stefan von Österreich, 1817年9月14日 - 1867年2月19日)は、オーストリア帝国の皇族。ハンガリー語名はハーブスブルグ=ロタリンギアイ・イシュトヴァーンHabsburg–Lotaringiai István)。

生涯[編集]

ハンガリー宮中伯英語版ヨーゼフ・アントン大公の長男としてブダに生まれる。母のアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯女ヘルミーネヴィクトル2世の長女)はシュテファンと双子の姉妹ヘルミーネ・アマーリエ英語版を出産後間もなく死去し、2人は継母のマリア・ドロテアに育てられた。

1847年、父の死に伴ってハンガリー宮中伯位を継いだ。翌1848年に革命が勃発すると宮中伯位を廃されてハンガリーを追われ、母ヘルミーネから引き継いでいたナッサウシャウムブルクに移り住んだ。以後宮中伯は置かれなかった。

1867年、マントンにおいて49歳で死去した。生涯独身であり、嗣子はいなかった。