ヨハン・ゴットフリート・シヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨハン・ゴットフリート・シヒト
Johann Gottfried Schicht
Johann Gottfried Schicht.jpg
基本情報
生誕 1753年9月29日
Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svg ザクセン王国 ボガティニャ
死没 (1823-02-26) 1823年2月26日(69歳没)
Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svg ザクセン王国 ライプツィヒ
ジャンル クラシック
職業 作曲家カペルマイスタートーマスカントル

ヨハン・ゴットフリート・シヒトJohann Gottfried Schicht 1753年9月29日 - 1823年2月16日)は、ドイツ作曲家カペルマイスタートーマスカントル

生涯[編集]

シヒトはザクセン王国ボガティニャ英語版に生まれた。1776年からライプツィヒ法学を学ぶ。シヒトはヨハン・アダム・ヒラーが催す演奏会で伴奏者、ヴァイオリニストを務め、その後ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団でも働くようになる。1785年にはヒラーの後任としてゲヴァントハウス管弦楽団を任された。翌年、コンスタンツァ・アレッサンドラ・オクタフィア・ファルデシュトゥリア(Constanza Alessandra Oktavia Valdesturia)と結婚するものの、彼女は3年後にこの世を去ってしまう。2人の間に生まれた4人の子供のうち、ヘンリエッテ・ヴィルヘルミネを除く3人は幼いうちに死亡している。シヒトはノイキルヒェの音楽監督だった他、1802年には共同でライプツィヒ・ジングアカデミーを創設して首席指揮者に就任した。

シヒトはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の楽長職に1810年まで留まった。それ以降、1823年にライプツィヒで没するまでトーマスカントルを務めた。彼の門下からはカール・ゴットリープ・ヘリングなどが輩出している。

作品[編集]

最も重要な作品は、1819年の大合唱曲集であると考えられている。シヒトはそれ以外にミサ曲モテットカンタータ詩篇100篇、4つのテ・デウムピアノ協奏曲を1曲、ソナタ、カプリッチョなどを作曲している。

参考文献[編集]

  • Robert Eitner (1890), "Schicht, Johann Gottfried", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (ドイツ語), 31, Leipzig: Duncker & Humblot, pp. 159–161

外部リンク[編集]