ヨコスカネイビーバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨコスカネイビーバーガー

ヨコスカ ネイビー バーガーYOKOSUKA NAVY BURGER)とは、2009年1月30日から神奈川県横須賀市内で販売が開始された、横須賀独自のハンバーガーである。ご当地バーガーの一つとされる。

2008年11月に横須賀市が「YOKOSUKA NAVY BURGER」で商標登録を出願しており、2009年6月19日に登録が認められている(日本第5239674号)。

経緯[編集]

横須賀市では、1999年平成11年)から、「よこすか海軍カレー」をいわゆるご当地グルメとして町おこしを行ってきた。

海軍カレーは旧日本海軍横須賀鎮守府を発祥とすることから、町おこしに当たって、海上自衛隊横須賀基地と共同で地元の活性化を推進してきた。

この海軍カレーによる町おこしが、2009年(平成21年)に10周年を迎えるに当たり、海上自衛隊と共に横須賀市にあるアメリカ海軍第7艦隊横須賀基地とも、共同で地元の活性化を推進することになった。

そこで、米海軍内で食べられていたハンバーガーである「NAVY BURGER(ネイビー バーガー)」のレシピを、同基地と横須賀市との友好の象徴として提供してもらい、それを基に、横須賀独自に開発した「YOKOSUKA NAVY BURGER(ヨコスカ ネイビー バーガー)」を新たに市内の飲食店で提供することになった。これにより、既存の海軍カレーと同様に、横須賀市の都市イメージ向上と、同市への集客促進を図ることを目的としている。

2008年11月19日に、横須賀基地の米海軍司令官より横須賀市長へ、「ネイビー バーガー」のレシピが提供された。この「ネイビー バーガー」とは、米海軍内の軍隊食であり、艦船の見張り要員の食事として提供されていたものである。

横須賀市内の飲食店ではこのレシピを基に、店舗ごとに独自にハンバーガーを開発し、「ヨコスカ ネイビー バーガー」という統一ブランド名で、2009年1月30日から市内4店舗で販売を開始した。提供店はその後拡大し、同年12月時点では13店舗となっている。

特徴[編集]

  • パテには、赤身の多い100%牛肉を用いている。日本国内のファストフード店が供するような、日本人向けに様々な材料を用いたものとは異なっているとされる。
  • パテの調理は極めてシンプルで、牛肉本来の味を損なわないようにしている。「まるでステーキパンではさんだような」と形容される。この点も、日本人向けに様々なソースで味付けしたファストフード店のそれとは異なっているとされる。また、焼き方は店舗ごとに特色があるとされる。
  • トッピングには玉ねぎトマトを用いるのが基本だが、これも店舗ごとに特色があるとされる。
  • 食べる本人が、好みでケチャップマスタードによる調味を行う。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]