ユーロカレンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユーロカレンシー(Euro Currency)とは、オフショア市場などのユーロ市場で国際的な銀行間取引の対象となる通貨。ユーロ市場とは通貨発行国規制外にある市場をさす。取引される通貨には例えばスイス・フランと、欧州連合加盟国外で取引されるユーロユーロ、そしてユーロダラーと呼ばれる米ドルがある。ユーロカレンシーは1980年代に証券化が加速した。1990年代、日銀外貨準備高増加に伴いユーロ円(ゆーろえん)が市場へ供給された。このユーロ円は、ユーロ円債として外債を発行する日本企業へ投下された。代表的なユーロカレンシーの金利としてLIBOR,ユーロ円に関してはユーロ円TIBORがある。

歴史[編集]

代表格のユーロダラーは自国で通貨を発行しない国やドルも共用とする国で元々流通していたが、それら地域がオフショア金融センターとして積極利用されるのは経緯あってのことである。まず冷戦時代に社会主義国中華人民共和国ソビエト連邦VTB)は西ヨーロッパ諸国で資産を運用しており、この西側国際金融市場に存在した運用先を「ユーロバンク」と呼んでいたことがユーロ市場という表現のもとになった[1][2]。西欧が米ドルも取り込もうと動き出して雪解けが進んだ。1971年のニクソンショックまでのドルは金本位制で、発行には限界が存在した。しかし、やがて金融政策を推進する方針で管理通貨制度が採用されインフレすることになった。そうして生まれたマネーサプライの余剰が、西欧のカストディアン国際証券集中保管機関により銀行間取引されるようになった。銀行間取引のルーツは、連邦準備制度成立以前にアメリカの大銀行が小銀行の準備金を預かり、決済を代行していたことにさかのぼる。預託した準備金は仕組みがマネー・マーケット・ファンドに等質であった。すなわちユーロダラーは真正のものだけでなく、ファンド・オブ・ファンズが直接または間接に運用するMMFもふくんだ。そしてユーロ市場はオフショア市場を指すことが多くなった。こうして規制外へ連れ出され膨張するドルは基軸通貨としての地位を下げ、相対的にドイツ・マルクと円が台頭した。

出典[編集]

  1. ^ Garson, Barbara (2001). Money Makes the World Go Around. Penguin Books. p. 29. ISBN 0-670-86660-1.
  2. ^ "Adam Smith" (George J.W. George) (1982). Paper Money. London: Macdonald & Co. p. 122. ISBN 0-356-08573-2.

関連項目[編集]