TIBOR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TIBOR(タイボー、Tokyo InterBank Offered Rate)は、東京銀行間取引金利のこと。

一般的には指定された複数の有力銀行(リファレンスバンク)から報告されたレートを全国銀行協会が集計し毎営業日発表している「全銀協TIBOR」を指す。

TIBORは東京の銀行間取引金利のことであることから「三井住友銀行TIBOR」といえば三井住友銀行が東京のインターバンク市場で呈示したレートを指し、「みずほ銀行TIBOR」「三菱東京UFJ銀行TIBOR」などとは異なるレートとなる。こうした各銀行個別のTIBORは、全銀協TIBORとは異なる条件となるため、呈示した銀行は「Our TIBOR」などの呼称を用いることで区別する。

全銀協TIBOR[編集]

全銀協TIBORは、1995年11月16日から公表が開始された。無担保コール市場の実勢を反映した日本円TIBORと日本のオフショア市場の実勢を反映したユーロ円TIBORの2種類があり、2015年3月までそれぞれ1週間もの、1か月~12か月ものの13種類が公表されていたが、現在円TIBOR、ユーロ円TIBORともに1週間もの、1・2・3・6・12か月の6種類が公表されている。日本円TIBORは15金融機関、ユーロ円TIBORは14金融機関の呈示した金利から上位2行と下位2行の値を除いた単純平均により求められる。

ロイターでの表示ページ名から、日本円TIBORをDTIBOR、ユーロ円TIBORをZTIBORと呼ぶことがある。日本円TIBORは金銭消費貸借契約書上ではロイター(旧テレレート)のスクリーンページを指す「Telerate17097ページ」と表現されることが多い。

  • TIBORの種類
    • 日本円TIBOR:無担保コール市場のリファレンスレート
    • ユーロ円TIBOR:オフショア市場のリファレンスレート
  • 公表対象期間(テナー):スポットスタート(T+2)
1週間、1・2・3・6・12か月(4・5・7・8・9・10・11か月は廃止)
  • 日数計算
    • 日本円TIBOR:365日ベース
    • ユーロ円TIBOR:360日ベース
  • リファレンス・バンク
    • 日本円TIBOR:15金融機関
    • ユーロ円TIBOR:14金融機関

関連項目[編集]

外部リンク[編集]