モスド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モスドMOSDO、もしくはMOSDO!)は、モスバーガー(以下「モス」)を運営するモスフードサービスと、日本におけるミスタードーナツ(以下「ミスド」)の事業を運営するダスキンとが共同で展開する事業の総称。また、実店舗のファーストフード店も運営している。商標は『MOSDO』(登録第5350610号)・『MOSDO!』(登録第5259028号)(登録第5270115号)(登録第5336821号)は両社により共有されている。

モスとミスドの共同開発商品「ドーナツバーガー」

事業内容[編集]

ダスキンとモスフードサービスは2008年平成20年)2月20日に資本・業務提携し[1]、共同事業として『MOSDO!』を開始。 共同開発商品展開時は、『MOSDO!』(感嘆符あり)を共同事業名に採用していた[2]。また、第1号店出店時にブランド名は『MOSDO』(感嘆符無し)、店舗ロゴは『MOSDO!』(感嘆符あり)を採用していた[3]。その後、2号店出店時より『MOSDO』(感嘆符無し)をブランド・店舗名にしている[4]

共同開発商品[編集]

共同事業第1弾として、2008年(平成20年)7月23日より、モスがかつての定番商品であった『ホットチキンバーガー』を期間限定で再発売させるのに合わせ[5]、ミスド側も『ホットチキンパイ』を同様に期間限定で売り出した[6]。また、テレビCMも共同で製作。ミスドの店員がモスでホットチキンバーガーを食するもの(モス)と、モスの店員がミスドでホットチキンパイを食するもの(ミスド)があり、大抵の放送局では続けざまに流された。商品と店舗の違いを除けば同じ構成である。

共同事業第2弾として、2009年(平成21年)5月12日より、モスが中央部に穴が開いたハンバーガー『ドーナツバーガー モス(わさびソース)』・『ドーナツバーガー テリ(わさびソース』を[7]、ミスドがハンバーガーの形をしたドーナツ『ドーナツバーガー』、フライドポテトの形をしたドーナツ『ポテド』を発売 [8][9]。CMには矢口真里辻希美が出演した。

共同事業第3弾として、2014年(平成26年)5月28日より、モスがミスドの主力商品「フレンチクルーラー」をバンズに使ったハンバーガー『モスのフレンチクルーラー(ぐるぐるチョリソ)』・『モスのフレンチクルーラー(ベリーショコラ)』を[10]、ミスドがモスの主力商品「ライスバーガー」をアレンジした『ミスドのライスバーガー(坦々牛焼肉)』・『ミスドのライスバーガー(あん&カスタード)』を発売。CMはモスのCMキャラクター忽那汐里とミスドのCMキャラクターマツコ・デラックスが出演。マツコがモスに行き店員に「フレンチクルーラーはミスドのもの」と迫るもの(モス)と、忽那がミスドに行き店員に「ミスドにライスバーガーは再現できない」と言うもの(ミスド)があり、どちらも最後にはそれぞれ自社のキャラクターがコラボ商品を食べるシーンで締めくくられる。

店舗展開[編集]

現在営業している店舗では、モスのハンバーガ・サイドメニュー・スープとミスドのドーナツ・ドリンクを販売している。販売している商品はモス・ミスドで通常販売している商品[11]で、モスのハンバーガーとミスドのドーナツ・ドリンクのセットやモスド限定アイテムのセットも用意されている。なお、モスのデザート・ドリンク及びミスドのミスター飲茶等の商品は販売されていない。またブレンドコーヒー・ホットカフェオレはおかわり自由となっている。[12]

  • イオンモール広島府中店
    • 2010年(平成22年)4月23日、「MOSDO」ブランドによる共同店舗の1号店としてイオンモール広島府中(旧称・イオンモール広島府中ソレイユ)内に開業した。1号店は、ハンバーガーとドーナツが両方注文できる日本初の店になった[13]。受付カウンターはどちらか一方だけ食べたいという客に配慮してそれぞれ設けているものの、両社のメニューを組み合わせたセットも販売されている。この1号店の営業形態は当初、両社の企業文化やオペレーションを学ぶ場としてのもので、今後の店舗展開において同様の出店はされないとされていた。[14]
  • 関西国際空港ショップ
    • 2015年(平成27年)11月16日関西国際空港第1ターミナル内のマクドナルドファーストキッチン跡に開業した。[15] 上記1号店のコンセプトを継承し、モスド及びモス・ミスドのブランドを訴求する西日本のフラグシップ店舗と位置づけられている。モス・ミスドの「手づくり!できたて!」をアピールするため、ハンバーガー及びドーナツを製造するキッチンをガラス張りにしている。

過去の店舗展開[編集]

過去に営業を行っていた2店舗では、通常のハンバーガーやドーナツの販売は行わず各店舗オリジナルメニューを販売していた。

  • 京都河原町通りショップ
    • 2号店は2011年(平成23年)9月7日、京都市河原町通に開店した。この店舗では1号店とは違ってメニューには両社のレギュラーメニューはなく、モスバーガーが開発したデリサンドパニーニと、ミスタードーナツが開発したデザート・焼きドーナツなどが提供される[14]。2012年(平成24年)10月15日 午後6時をもって閉店。
  • 恵比寿店
    • モスドは2012年(平成24年)4月1日、首都圏で初めての店舗を東京都渋谷区恵比寿駅西口に出店する[16][17]。この店舗では、食事メニューとしてモスフードが10種類以上のサンドイッチを、スイーツとしてダスキンがホットケーキ洋菓子などを提供する[17]。店舗は2階建てで全席禁煙の58席、近隣に勤める20-40代のOLサラリーマンの利用を見込み、客単価680円を想定している[17]。2013年(平成25年)3月10日、「IN THE KITCHEN」に屋号を変更。2014年(平成26年)6月30日をもって閉店し、現在はモス運営のマザーリーフ ティー スタイル 恵比寿店となっている。[18]

脚注[編集]

  1. ^ モスド新聞 - ミスタードーナツ
  2. ^ トマトの旨みと香辛料の風味が夏の暑さを吹き飛ばす「ホットチキンバーガー」期間限定発売! - モスバーガー 2008年7月16日
  3. ^ ミスタードーナツ&モスバーガー MOSDO ブランドによる第1号店 MOSDO イオンモール広島府中ソレイユ店 4月23日(金)10:00 オープン - モスバーガー 2010年4月20日
  4. ^ ミスタードーナツ&モスバーガーが展開する『MOSDOの第2号店「MOSDO 京都河原町通りショップ」9月7日(水)10:00 オープン - モスバーガー 2011年7月27日
  5. ^ トマトの旨みと香辛料の風味が夏の暑さを吹き飛ばす「ホットチキンバーガー」期間限定発売! - モスバーガー 2008年7月16日
  6. ^ 2000年代|ミスタードーナツの歴史|ミュージアム|ミスタードーナツ - ミスタードーナツ
  7. ^ “ドーナツ×ハンバーガー”で、遊び心あふれる新商品を期間限定発売「ドーナツバーガー モス(わさびソース)」「ドーナツバーガー テリ(わさびソース)」業界初の穴の開いたドーナツ型パティ、Wシリーズも同時発売 - モスバーガー 2009年5月8日
  8. ^ モスとミスドの「ドーナツバーガー」は甘い&穴開き!? - 東京ウォーカー 2009年5月8日
  9. ^ 2000年代|ミスタードーナツの歴史|ミュージアム|ミスタードーナツ - ミスタードーナツ
  10. ^ ““モスとミスドのとりかえっこ!”をテーマに商品を開発「モスのフレンチクルーラー ぐるぐるチョリソ」「モスのフレンチクルーラー ベリーショコラ」~5 月 28 日(水)より全国のモスバーガーで期間限定販売~ - モスバーガー 2014年5月27日
  11. ^ ただし一部商品は価格が異なる。
  12. ^ おかわり自由は通常のミスドでも行われているサービス。なお通常のモスでは同様のサービスは実施していない。
  13. ^ 広島にオープンした「モスド1号店」で店舗限定の新メニューを食べてきた - GigaZine 2010年04月26日
  14. ^ a b ハンバーガーも揚げドーナツも出さないモスとミスドの新業態、関東への出店もGIGAZINE、2011年9月5日)
  15. ^ ミスタードーナツ&モスバーガーが展開する『MOSDO(モスド)』「MOSDO 関西国際空港ショップ」11 月 16 日(月)6:00 オープン
  16. ^ 『MOSDO』が関東初出店
  17. ^ a b c 「モスド」首都圏に初、恵比寿に4月、洋菓子など提供 『日本経済新聞』 平成24年2月10日朝刊 東京・首都圏経済面
  18. ^ マザーリーフティースタイル恵比寿店 | 店舗案内 | モスバーガー公式サイト

外部リンク[編集]