メレツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イスラエルの旗 イスラエル政党
メレツ
מרצ
党首 ニツァン・ホロヴィッツ
成立年月日 1992年
本部所在地 テルアビブ
クネセト
4 / 120   (3%)
(2019年4月9日)
政治的思想・立場 左派[1]
リベラル[2]
社会民主主義
みどりの政治
フェミニズム
平等主義
世俗主義
労働シオニズム[3]
二国家解決[4]
公式サイト מרצ
国際組織 社会主義インターナショナル
進歩同盟[5]
テンプレートを表示

メレツMeretz, מרצ, 活力)は、イスラエル政党ハダシュに次ぐ左派政党であり、ユダヤ系政党の中では、パレスチナとの平和共存を主張する野党社会主義インターナショナル進歩同盟加盟政党。現在の党首はニツァン・ホロヴィッツ。(2019年より)

概説[編集]

1992年に、ラッツ(RATZ, רץ, 市民権と平和のための運動)、マパム(Mapam, מפ"ם, イスラエル統一労働党)、シヌイ(Shinui, שינוי, 変化)の三政党が合併して形成された。1996年に同党は単独の党として公式に登録されたが、1997年にはアブラハム・ポラスに率いられたシヌイの一部が離脱した。

メレツの政治姿勢は、社会経済的、政治的に革新勢力に位置する。同党は、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区でのパレスチナ国家の形成を支援し、また、イスラエル人入植地および全占領地域からのイスラエル国防軍の完全撤退を要求した。

同性愛者の権利向上も訴えている。メレツに所属する現役クネセト議員であるニツァン・ホロヴィッツは同性愛者である。

メレツの解散[編集]

2003年12月にメレツは、ヨシ・ベルリンの率いるシャハル(SHAHAR, שח"ר)とロマン・ブロンフマンの率いる民主選択党と合併するため、解散した。新党はヤハド(Yahad, יח"ד)という名称で、それは「共に」の意味を持ち更にヘブライ語で「民主社会イスラエル」の略語である。当初はヤード(Yaad)の名称で、ヘブライ語の「ゴール」を意味していたが、ロシア語の Yaad に「毒」の意味があったため変更された。

2004年3月に党首選が行われ、メレツのラン・コーエンとシャハルのヨシ・ベルリンの間で争われたが、ベルリンが勝利した。ベルリンの勝利とヤハドの政策の過激化で、多くの前メレツ支持者が新党の支援から離脱した。

現在[編集]

2005年に、ヤハドは、メレツ-ヤハドに改名。2006年3月に行われた総選挙では4議席を、2009年2月に行われた総選挙では3議席を、それぞれ獲得した。

2013年1月22日の総選挙では6議席を獲得、躍進した。また、メレツから初のアラブ系イスラエル人がクネセト議員に当選した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Itamar Rabinovich (2009). Waging Peace: Israel and the Arabs, 1948–2003. Princeton University Press. p. 147. ISBN 1-4008-2597-0. https://books.google.com/books?id=bW_yI-MAcCgC&pg=PA147 2015年6月16日閲覧。 
  2. ^ Inge Günther (2019年4月9日). “Israel-Wahl: Die Miniparteien entscheiden, wer die Mehrheit bekommt”. Frankfurter Rundschau.
  3. ^ Thomas Vescovi (6 June 2019). "Is the Israeli left doomed to marginalisation?". Middle East Eye.
  4. ^ "Guide to Israel's political parties". BBC News. 21 January 2013.
  5. ^ Progressive Alliance Parties & Organisations 2019.11.26閲覧

関連項目[編集]