ザハバ・ガル=オン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスラエルの旗 イスラエルの政治家
ザハバ・ガル=オン
זהבה גלאון‎
Zahava Galon.jpg
生年月日 1956年1月4日
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ヴィリニュス
出身校 ヘブライ大学
前職 人権活動家
所属政党 メレツ
テンプレートを表示

ザハバ・ガル=オンガロンヘブライ語:זהבה גלאון‎ 1956年1月4日 - )は、イスラエルの女性政治家。リトアニア系ユダヤ人。左派政党メレツ所属であり、党首を兼任している。

来歴[編集]

ソビエト連邦(現リトアニア)のヴィリニュスで生まれる。1960年にイスラエルに帰還(アリーヤー)。ヘブライ大学修士号を取得している。

政治家になる前は、イスラエルの人権団体「ベツェレム」に所属し、パレスチナ問題でのパレスチナ人の人権を守るための活動[1]、女性の地位向上運動、同性愛者の地位向上運動、イスラエル国防軍への徴兵拒否を呼びかける活動[2]などをしていた。

1999年のクネセト総選挙でメレツから出馬し、初当選。政治家となる。以降、選挙で落選したことはなく、2012年現在も議員の地位にある。2012年には、前党首ハイム・オロンの政界引退に伴い、メレツ党首に就任した。

思想[編集]

フェミニストである。また、イスラエル政界きってのリベラル派、多元主義者である[3]

2009年のパレスチナのガザ地区攻撃では、当時連立与党の座にあった中道左派の労働党も攻撃を容認していた中で、ガル=オンは一貫して攻撃を批判した。「私の意見は他の政党の人たちのものとは異なっています。何故なら、メレツはイデオロギーの党であるからです」と述べ、リベラルさを見せた[4]

2014年のガザ紛争の際も、イスラエル政府を厳しく批判した[5]

パーソナル[編集]

ペタク・チクヴァで2人の子供とともに暮らしている。

脚注[編集]

  1. ^ Mason, Ruth. "Zahava Galon - Advocating Tirelessly for Women". JW Magazine 2004年秋
  2. ^ "Meretz denies ever backing `refuseniks'2008年4月2日 ハアレツ
  3. ^ Ehud Barak eyes center-left bloc ahead of the next elections2007年6月12日 ハアレツ
  4. ^ Meretz shock: Gal-On not in Knessetynetnews.com 2009年2月11日
  5. ^ Pro-peace rally held in Tel Aviv amid Gaza truce talksハアレツ 2014年8月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]