メネリク1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メネリク1世Menelik I、エブナ・ラ・ハキム: Ebna la-Hakim, "Son of the Wise", 知恵の息子)は、エチオピア初代

概要[編集]

古代イスラエルソロモンと、シバの女王息子で、紀元前10世紀頃のエチオピアを統治したとされている。現在エリトリアHamasienで誕生、エチオピアへ「契約の箱」を運んだ後に、エルサレムで父ソロモン王に面談した。

紀元前5世紀に興ったアクスム王国13世紀に興ったエチオピア帝国のいずれの王もメネリク1世の直系の子孫を名乗り、その地位の正当性に利用した。

エチオピア帝国では、国家事業としてエチオピア版『古事記』ともいうべき『ケブラ・ナガスト』を作らせた。上記はそのケプラ・ナガストの記述に基づく。もちろん伝説であり、史実として確定している訳ではない。旧約聖書に記されたシバの女王の出自については、エチオピア説とイエメン説があり、双方とも考古学的な裏付けが取れておらず、仮説に過ぎない。さらに旧約聖書には、ソロモン王とシバの女王の間に子供が生まれたという記述は無い。

最古の王家[編集]

メネリク1世を始祖とし、1974年のハイレ・セラシエ1世廃位に至るエチオピア帝国の王朝は、「ソロモン王朝」として、紀元前10世紀から3000年間存続した最古の王朝とされる。

ただしあくまで伝説上であり、実際の歴史として確認できるエチオピア皇帝家は13世紀イクノ・アムラクからである。エチオピア皇帝家は近代において断絶した時期があり、また皇帝に実権が無く臣下が実権を握っていた時期がある。

参照[編集]

脚注[編集]