ムスタファ・サリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ムスタファ・サリフ Football pictogram.svg
Salifou, Moustapha.jpg
名前
ラテン文字 Moustapha Salifou
基本情報
国籍 トーゴの旗 トーゴ
生年月日 (1983-06-01) 1983年6月1日(35歳)
出身地 ロメ
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 テュルクスポル・アウクスブルク1972
ポジション MF (OMF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2002 トーゴの旗 メルラン
2002-2006 ドイツの旗 オーバーハウゼン 33 (1)
2005-2006 フランスの旗 ブレスト (loan) 7 (0)
2006-2007 スイスの旗 ヴィル 23 (2)
2007-2011 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 4 (0)
2011-2012 ドイツの旗 ザールブリュッケン 11 (1)
2014 ドイツの旗 ローゼンハイム 11 (1)
2015- ドイツの旗 テュルクスポル・アウクスブルク 0 (0)
代表歴2
2000- トーゴの旗 トーゴ 59 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月9日現在。
2. 2014年7月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ムスタファ・サリフMoustapha Salifou, 1983年6月1日 - )は、トーゴロメ出身の同国代表サッカー選手テュルクスポル・アウクスブルク1972所属[1]。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

トーゴ出身ではあるが、プロサッカー選手としてのキャリアはドイツから始まる。2002年にトーゴのサッカー選手育成機関からSCロートヴァイス・オーバーハウゼンへと入団を果たし、司令塔としてプレーする。

2005-2006シーズンにはフランスリーグ・ドゥ(2部)に所属していたスタッド・ブレスト29へと引き抜かれるも、チームの戦術に馴染めず僅か7試合の出場と物足りない結果となる。結果的にフランスリーグ挑戦は1シーズンで幕を閉じ、スイスチャレンジリーグ(2部)へと籍を移すこととなる。

スイスでは、得点こそ少ないものの司令塔としてチームの核となり活躍を見せ、これがプレミアリーグアストン・ヴィラFCの関係者の目に止まる。2007年8月に練習生としてチームのトレーニングに参加、マーティン・オニール監督のお墨付きを得た上で2007年8月31日、移籍期間ギリギリでのアストン・ヴィラとの契約に漕ぎ着ける。

しかしながらイギリスの労働ビザ取得に遅れが生じ、しばらくは古巣であるFCヴィル1900での練習を余儀なくされた。そして、ビザの問題も解決され10月18日にチームへの合流を果たすと、いきなりリザーブリーグチェルシーFC戦に出場して2ゴールを上げる活躍を見せる。これをきっかけにトップチームへの加入を果たしたのである。

トーゴ代表[編集]

トーゴ代表選手としては、まだプロデビューを果たしていなかった2000年に初招集を受けた。チームの司令塔として君臨し、絶対的な存在として2006 FIFAワールドカップに出場した。強豪国のスイスフランス韓国と同じグループで最下位という結果であったが、初出場のチームを牽引した。

所属クラブ[編集]

フランスの旗 スタッド・ブレスト29 2005-2006 (loan)

脚注[編集]

  1. ^ MANNSCHAFTEN”. Türkspor. 2016年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]