コンテンツにスキップ

ミヤマヤブタバコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミヤマヤブタバコ
岩手県滝沢市 2015年8月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: ガンクビソウ属 Carpesium
: ミヤマヤブタバコ C. triste
学名
Carpesium triste Maxim.[1]
シノニム
  • Carpesium triste Maxim. var. manshuricum (Kitam.) Kitam. [2]
和名
ミヤマヤブタバコ(深山藪煙草)[3][4]

ミヤマヤブタバコ(深山藪煙草、学名:Carpesium triste )は、キク科ガンクビソウ属多年草。別名、ガンクビヤブタバコ(雁首藪煙草)[3][4][5]マンシュウガンクビソウ[1][2]

特徴

[編集]

は直立して、高さ40-100cmになり、全体に短毛が密生し、下部には開出する粗い毛が多い。茎の上部は単一かまばらに分枝し、は直立する。茎の下部につくは互生し、卵状長楕円形で、葉柄を含めて長さ13-20cm、幅3-5cmになり、先端は鋭くとがり、基部は急に細くなって翼のある葉柄となり、縁には不ぞろいな歯状の鋸歯があり、葉質は薄く両面に粗い毛が多い。茎の中部以上につく葉は披針形から線形で、先端も基部もとがる。根出葉は花時には枯れて無くなっているか、または生きて残っている[3][4][5]

花期は8-10月。枝先に下向きに頭状花序をつける。頭花は鐘形で長さ5-6mm、径6-10mmになり、すべて筒状花で雌花と両性花からなり、花冠は汚れた黄色。総苞は鐘形で、総苞片はすべて同じ長さ、外片は線形で緑色の草質、中片は先端だけが草質で反り返り、内片は乾膜質で直立する。総苞直下に線形の苞状葉が多数あり、形、大きさは一定しない。果実痩果で、縦溝がある円柱形で長さ3.5mmになり、腺があって粘り、冠毛はない[3][4][5]

分布と生育環境

[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林内に生育する[3][4][5]。近畿地方以西での分布はまれで、国外では朝鮮半島中国大陸に分布する[3]

名前の由来

[編集]

和名ミヤマヤブタバコの「ミヤマ(深山)」は、山地の林内に生えるからであり、「ヤブタバコ(藪煙草)」は、葉のようすが同属の一年草~越年草であるヤブタバコに似ることによる。また、別名のガンクビヤブタバコの「ガンクビ(雁首)」は、頭花がうつむいてつくようすがキセルの雁首に似ていることによる[3]

ギャラリー

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b ミヤマヤブタバコ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b ミヤマヤブタバコ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e f g 『新牧野日本植物圖鑑』p.760
  4. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.526
  5. ^ a b c d 『日本の野生植物草本III合弁花類』pp.202-203

参考文献

[編集]