ミブナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミブナ
ミブナ
ミブナ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: アブラナ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ラパ B. rapa
変種 : ミズナ var. laciniifolia
階級なし : ミブナ subvar.obkanceolata
学名
Brassica rapa L. var. laciniifolia Kitam. subvar. oblanceolata Kitam.
シノニム

Brassica japonica Sieb.

和名
ミブナ

ミブナ壬生菜Brassica rapa var. laciniifolia subvar. oblanceolata)はアブラナ科アブラナ属一年草である[1]京都府原産のミズナの一品種。京野菜の一つで、「京の伝統野菜」に認定されている。

名称[編集]

京都は海産物の入手が困難だったため多くの京野菜が作られた[2]京都市内壬生地区で栽培されていること由来する[3]。 『成形図説』(文化年間)には壬生に産するものとして「壬生菜」の語がつかわれており、このころからミズナと区別するようになったと考えられる[1]

マルバミズナ(丸葉水菜)とも呼ばれる[3]。またキョウナとミブナを合わせて「水菜」とすることがある[2]

学名[編集]

北村四郎ミズナBrassica rapa var. laciniifolia とし、その亜変種としてBrassica rapa var. laciniifolia subvar. oblanceolata[1][† 1] と命名した。 また属名Brassicaは「煮る」の意で、シノニムのjaponicaは「日本の」という意味である[1]

形態[編集]

ミブナ(左)とミズナ(右)

植物体は微かに白粉を帯びる[1]。根はあまり肥大せず、細い根葉を多数生じる[1]分蘖は旺盛で葉茎の基部は耳状にならないが茎を抱く[1]。花は萌黄色で直径1cm程度、4枚の花弁は十字花ではなく2枚ずつが近寄り矩形に近い[1]ミズナとの違いは、葉が狭長楕円形あるいは狭長倒卵形で欠刻がないことだけである[1]。ミズナとの違いは、大きな株となること、花梗が長く花弁が狭長いことが挙げられる[要出典]

利用[編集]

現在でもほとんどが京阪神で栽培されている[2]。京都付近では秋に苗床に播種し、晩秋畑に定植して管理する[1]。耐寒性が強く[1]、旬は冬から春[2]。独特の香りと辛みが特徴で霜にあたったほうが品質が良い[2]。 ほとんどが漬物用として利用される[1]。京都府特産の千枚漬けに青味として利用されている[1][2]。煮物や雑煮にも使われる[2]。葉先の伸びたものが柔らかく、良品とされる[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし出典の『標準原色図鑑 全集 有用植物』 ではミズナ(本文中ではキョウナ)、ミブナともに学名をBrassica japonica Sieb. としており、補足として「北村四郎博士はキョウナはBrassica rapa var. laciniifolia Kitam. と命名し、ミブナはsubvar.oblanceolata Kitam. と命名してと区別している。」としている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 高嶋四郎、傍島善次、村上道夫『標準原色図鑑 全集 有用植物』保育社、1971年、47頁。
  2. ^ a b c d e f g h 石尾員浩『野菜と果物 ポケット図鑑』主婦の友社、1995年、23頁。
  3. ^ a b 農水産物図鑑 ミブナ(壬生菜)”. 株式会社 科学技術研究所(かぎけん). 2014年7月25日閲覧。

関連項目[編集]