ミヒャエル・グロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル

ミヒャエル・グロス
男子 競泳
1984 200m自由形
1984 100mバタフライ
1988 200mバタフライ
1984 200mバタフライ
1984 4×200mリレー
1988 4×200mリレー
Michael Gross 1985 Paraguay stamp.jpg

ミヒャエル・グロスMichael Groß, 1964年6月17日- )は、ドイツ(旧西ドイツ)の男子競泳選手。1980年代を代表する競泳選手の一人で、201cmの長身と211cmの長いリーチ[1]でバタフライを泳ぐ姿から『アルバトロスあほうどり)』とも称された。

1980年代のマット・ビオンディ(アメリカ)、1990年代のイアン・ソープ(オーストラリア)、2000年代のマイケル・フェルプスと共に万能型スイマー(水の怪物)の代表の一人として挙げられる。

1981年に200mバタフライで世界新記録を樹立。競泳では東ドイツの攻勢に後れを取っていた西ドイツで国民的英雄になる。1982年世界水泳選手権では200mバタフライと200m自由形で金メダルを獲得した。

グロスがその名を世界にとどろかせたのは、1984年のロサンゼルスオリンピックで ある。200m自由形、100mバタフライをともに世界新記録で金メダルを獲得し、アメリカの金メダルラッシュに待ったをかけた(100mバタフライはマーク・スピッツのオリンピック記録を12年ぶりに更新するものであった)。世界記録を持つ200mバタフライでの3冠が確実視されたが、オーストラリアジョン・シーベンに遅れを取り銀メダルとなる。また、4×200mリレーではアンカーとなり、先行するアメリカのヘイズを一度は逆転したもののラスト50mでのデッドヒートの末、わずか100分の4秒差で敗れた(アメリカ・西ドイツともに世界新記録であった)。

このオリンピックでの成績について、ジョン・ネーバーは「もしグロスがアメリカの選手だったら、6個か7個の金メダルを獲得してマーク・スピッツを上回っただろう」と当時雑誌のインタビューで答えている。

1988年ソウルオリンピックではアメリカのマット・ビオンディとの対決が注目を集めた。しかし、200m自由形、100mバタフライのいずれでもメダルを獲得できず、前回は金メダルを逃した200mバタフライでようやく金メダルを得た。

1991年に現役を引退。2012年の夏季五輪に立候補したライプツィヒの招致活動に広報担当として参加した。

1985年ユニバーシアード神戸大会にも出場している。このとき、頭にカタカナで「ドイツ」という刈り込みを入れるという茶目っ気のある一面もあった。

オリンピック以外の主な成績[編集]

世界水泳選手権

200m自由形 - 金メダル
200mバタフライ - 金メダル
100mバタフライ - 銀メダル
4×200mリレー - 銅メダル
4×100mメドレーリレー - 銅メダル
200m自由形 - 金メダル
200mバタフライ - 金メダル
4×200mリレー - -銀メダル
4×100mメドレーリレー - 銀メダル
4×200mリレー - 金メダル
100mバタフライ - 銀メダル
200mバタフライ - 銀メダル
4×100mメドレーリレー - 銅メダル

脚注[編集]

外部リンク[編集]