ミニ14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミニ14
Mini14GB.jpg
ルガー AC-556 カービン
ミニ14
種類 自動小銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スターム・ルガー
仕様
口径 5.56mm
7.62mm(ミニ30)
6.8mm(ミニ6.8)
銃身長 470mm(ミニ14)
330mm(AC-556)
ライフリング 6条右転
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾(ミニ14、AC-556)
7.62x39mm弾(ミニ30)
6.8×43mm SPC弾(ミニ6.8)
装弾数 5連/20連/30連(箱型弾倉
作動方式 ガス圧利用(ロングストロークピストン式)、ターンロックボルト
全長 946mm
重量 2,900g
発射速度 750発/分(AC-556)
銃口初速 945m/秒
有効射程 300m
歴史
設計年 1967年-1973年
製造期間 1973年-現在
テンプレートを表示

ミニ14(Mini-14)は、1973年スターム・ルガー社が発表した自動小銃である。外見上のレイアウトやデザインは1959年アメリカ軍に採用されたM14自動小銃を参考にしている。主に民生用として販売されているが、軍や警察といった公機関での採用例もある。

概要[編集]

その名の通り小型(ミニ)なM14といえるほどよく似たデザインをしており、その名称も商業戦略上の語呂合わせのような商標である。スターム・ルガー社の設計方針に沿った単純な機構で、製造コストが低い上に故障も少なく手入れも容易である。その設計から命中精度も良好であり、プリンキング(狩猟競技とは関係ない趣味の範囲での射撃)やランチライフル(Ranch Rifle:牧場農場における小型害獣駆除用銃)、ホームディフェンス用ライフルなどとして人気が高い。

スターム・ルガー社の創業者ビル・ルガー英語版が描いた当初のアイデアは、「M1カービンのような、.223レミントン弾英語版仕様の、縮小されたM14小銃」というもので、アメリカ軍の新たな制式小銃として採用されることも期待していた。しかし、完成したのはベトナム戦争末期に差し掛かってからで、軽量小型なM16小銃が採用された後のことだった。結局、このライフルは主に民生用ライフルとして販売されることとなった[1]。「小型化されたM14」というアイデアには、多くの小火器の開発に携わってきたルネ・スタッドラー陸軍大佐(René Studler)も興味を示していたという。後にルガーは「M1ガーランドの原理を諦めることこそ、先進的なM16に向かうために必要な苦痛だった。これでよかったと思っている」としながらも、「もし5年早く完成していれば、ミニ14が制式小銃として採用されていただろう」と語っている[2]

設計にはルガーのほか、L・ジェームズ・サリバン英語版技師らも携わった。サリバンは既成銃器のスケールダウン設計を手がけることで知られていた技師で、M16小銃の設計にも参加している。コストを抑えるため、金属部品はインベストメント鋳造またはプレス加工によって成形されており、銃床にはクルミ材の代わりに軽く染色した安価なアメリカ製硬材が用いられた。販売価格は200ドルと安価だった[1]

M14の小型化というアイデアから生まれたライフルではあるものの、内部の作動機構はM14と異なる。回転ボルトはM14を参考に新設計されたもので、ガスピストンなどはM1ガーランドを参考としたものである[3]

5連発の着脱式箱型弾倉が銃本体に付属し、オプションとして10連発弾倉と20連発弾倉も販売されていた。これら大型弾倉は法規制のもとで一時生産が中止されたが、アサルト・ウェポン規制法英語版の期限切れ以降は販売が再開されている[1]

この種の民間向けライフルの例に漏れず、ストックと樹脂(グラスファイバー)製ストック、クロムモリブデン鋼製型とステンレス鋼製型など幾つかの選択肢がある。また、安価に大量生産された普及品のため、米国内ではアフターマーケットの社外製部品やアクセサリー類も豊富である。この点もパーツ交換で「遊べる」民間用ライフルの強みであり、ヒット商品になった要因の1つである[3]

木製のストレートストックや剥き出しになったガスブロックといったクラシカルで民生用ライフル然としたデザインは、M4カービンのように金属プラスチックを多用したマットブラックの物々しく戦闘的な印象の銃器よりも周囲の民間人に与える威圧感が低いと考えられることから、ミニ14やAC-556ライフルは軍隊よりも民間人の目に触れる機会の多い警察組織からも注目されることとなる[4]

1982年、ランチ・ライフル(Ranch Rifle)と呼ばれるモデルが発表された。このモデルは機関部と一体型のスコープマウントベースが設けられていたほか、反動を軽減するリコイルバッファシステムが組み込まれ、ボルトストップの形状を改めて薬莢がスコープにぶつからず横へ飛ぶように改良されていた[1]。2004年から2006年にかけては生産を一時中断し、生産設備の刷新や根本的な設計の見直しが行われた。この際に大小様々な改良が行われ、また以後は全てのモデルにランチ・ライフルと同型のスコープマウントベースが設けられている[2]

バリエーション[編集]

使用する弾薬や用途に応じて幾つかのバリエーションがある。

ミニ14/ミニ14 20GB
最初に開発されたモデル。弾薬は一般的な5.56x45mm NATO弾または同じ寸法の.223レミントン弾英語版で、標準で5連のショートマガジンが付属するが、10発と20発の弾倉もオプションとして別売りされている。20GBは用を意識して着剣機構が取り付けられており、M4バヨネットを取り付けることができる。
ミニ14F
AC-556/AC-556F
軍・警察向けにミニ14 20GBにフルオートまたは3点バースト機構を追加するなどの改良を施したモデル。AC-556FはAC-556のバレルを短縮し、サイドスイング式のフォールディングストックとピストルグリップを備えたカービンモデル。銃本体の側面後端に回転式の射撃モード(セミオートとフルオートまたは3点バースト)を選択するためのセレクタースイッチがついている。セレクタースイッチはレバーの頭部にストッパーボタンが用意されている。
ミニ30
AK-47と同じ7.62x39mm弾を使用するモデル。標準で5連のショートマガジンが付属するがAK-47と同じ30連バナナマガジンと同型のものが流用できる。その口径(0.30インチ)から命名されたため、よりM14のデフォルメという意味に近い。日本でも猪猟の「ブッシュガン」として有用であり狩猟用途に所持許可を得ることも各都道府県公安委員会の判断次第では可能だが、旧共産国系の使用弾薬および外観と名称が許可判断に不利に影響する場合もある。現在、銃刀法に違反する大容量マガジンを所持していたハンターが摘発された事件を受け新規の所持許可が非常に厳しくなっている。
ミニ6.8
スターム・ルガー純正としてはもっとも新しいモデルで新型の6.8×43mm SPCを使用する。マガジンはミニ14と同じものが使用できるが、その場合は装弾数が減ってしまう。
AMDカービンを手にするフランス共和国保安機動隊隊員
AMDカービン
フランス内務省向けモデル。1978年、フランス内務省では旧式化しつつあったMAT 49短機関銃の後継装備たる新型銃を採用することを決定した。新型銃は散弾銃や短機関銃よりも火力のある自動小銃が好ましいとされ、同時に市街での使用も想定されることからFA-MAS突撃銃のように「攻撃的」な外見であってはならないともされていた。こうして要請を受けたスターム・ルガー社がミニ14を元に開発したのがAMDカービン(Mousqueton A.M.D.)である。AMDは「自衛用火器」(Armement Moyen de Défense)の略。基本的な構造はミニ14と同一だが、リコイルパッドとスリングカットアウトを備え、チェッカリングを施された銃床など細部に差異が見られる[5]

他にも社外品としてサムホールタイプやスケルトンタイプ、サイドスイング式の折り畳みストックといった交換用パーツ、スコープダットサイトを取り付けるための20mmマウントレールなどが販売されている。珍しいところではMk14 Mod.0によく似た近代的なEBRストックも存在する。

採用国[編集]

王立バミューダ連隊の兵士。グラスファイバー製ストックのミニ14を所持している

用を想定した設計の銃ではないが、警察のほかに一部の軍組織でも使用されている。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Ruger Mini-14”. Shooting Illustrated. 2018年2月27日閲覧。
  2. ^ a b Ruger Reinvents the Mini-14”. American Rifleman. 2018年2月27日閲覧。
  3. ^ a b An Ode to the Ruger Mini-14”. American Hunter. 2018年2月28日閲覧。
  4. ^ 床井 2013, p. 243.
  5. ^ a b The Mousqueton A.M.D.— France's Mini-14”. Shooting Illustrated. 2018年2月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 床井雅美 『オールカラー最新軍用銃事典』 並木書房、2013年ISBN 4890633030

関連項目[編集]