モントリオール理工科大学虐殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モントリオール理工科大学虐殺事件
Mtl dec6 plaque.jpg
慰霊碑
場所 カナダケベック州モントリオールモントリオール理工科大学
日付 1989年12月6日
標的 女子学生
攻撃手段 銃撃
武器 ミニ14
死亡者 14人
負傷者 14人
犯人 マルク・レピーヌ
動機 フェミニズムへの敵意

モントリオール理工科大学虐殺事件(École Polytechnique Massacreまたはthe Montreal Massacre)は、1989年12月6日カナダケベック州モントリオールモントリオール理工科大学で起きた事件である。犯人はマルク・レピーヌ (Marc Lépine) という25歳の男性で、半自動ライフルと狩猟用ナイフを用いて28人を銃撃、うち14人を殺害(いずれも女性)、14人に怪我を負わせた後、自殺した。

概要[編集]

マルク・レピーヌは大学の教室に入り、男子学生と女子学生に分けた後、フェミニズムに反対していることを告げ、部屋にいた9人の女性を銃撃(うち6名は死亡)。その後マルク・レピーヌは、廊下からカフェテリアへ、そして別の教室へ移動しながら女性ばかりを銃撃。14人の女性を殺害、4人の男性と10人の女性に怪我を負わせた。その20分後、マルク・レピーヌは銃によって自殺した[1][2]

動機[編集]

レピーヌはフランス系カナダ人の母親とアルジェリア人の父親の間に生まれ、子供の頃から父親に肉体的な虐待を受けるとともに、徹底した女性蔑視の思想を植え付けられた。彼のノートには政治的な動機と、フェミニズムによって自分の人生が台無しになったことが書かれていた。また、ノートには、レピーヌがフェミニストだと考え、殺したいと願ったと思われるケベックに住む19人の女性の名前が表になっていた.[3]

影響[編集]

この事件以降、カナダではこの事件やこの事件の裏に隠された真相、そしてマルク・レピーヌの動機について様々な議論が巻き起こった。

多くのフェミニストの団体や、公的機関はこの事件を、反フェミニストが行った女性に対する社会的な暴力の代表例だとした[4][5]

その結果、事件の起こった日は「女性への暴力を記憶し、それに対して立ち上がる国民記念日」とされた[4]。今日に至るまで、メディアにおける暴力描写の氾濫を非難し続けているコメンテイターもいる[6]

その一方では、レピーヌが子供の頃に受けた虐待を強調したり、事件は孤独な狂人が行ったものだとして、大した社会問題ではないとする人もいる[4]。コメンテータの中には、移民共同体における、メディアによる暴力や、貧困・孤立・差別の増加について批判する者もいる[7]

この事件により、カナダにおける銃規制はより厳しくなり[8]、警察官の発砲行為に対する戦術的反応を変え、後にドーソン・カレッジ銃乱射事件において犠牲者を減らす努力につながったとされている[9]

後遺症[編集]

Rose-Marie Goulet の作品、Nef pour quatorze reines。モントリオール理工科大学虐殺事件の犠牲者を記憶するために作られた、ランドスケープ・アーキテクチャーと彫刻とを組み合わせた遊歩道

事件で負傷したり事件を目撃した学生や大学職員は、心的外傷を含むさまざまな肉体的・社会的・実存主義的・経済的な苦痛を受けた。生徒の中には自殺を図ったものもいた[10]。 遺書は少なくとも2つあり、この事件にかかわってしまったことによる苦しみが自殺の理由となっている。事件から9年後生存者たちは、いくばくかは和らいだもののいまだに自分たちの体験による影響が残っていることを伝えた。[10][11]

警察の対応[編集]

警察はこの事件において、犯人が大量殺人を行うことができるほどの時間を与えてしまったことを厳しく非難された。最初に現場に駆け付けた警官たちが建物の周りに非常線を張ってその前で待機している間、7人の女性が次々に殺された[1][12]。これを受けた警察は、2006年のドーソン・カレッジ銃乱射事件の際に緊急対応機関と連携して適切な仲裁を行ったため、犠牲者は女性1人だけだった[9]

事件を題材にした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sourour, Teresa K., (1991) Report of Coroner's Investigation (PDF). Retrieved on 2006-12-28
  2. ^ Buchignani, Walter (1989年12月8日). “Amid the tragedy, miracles of survival”. The Gazette, Montreal. pp. A3 
  3. ^ Chun, Wendy Hui Kyong (1999). “Unbearable Witness: towards a Politics of Listening”. Journal of Feminist Cultural Studies 11 (1): 112-149. 
  4. ^ a b c Eglin, Peter; Stephen Hester (2003). The Montreal Massacre: A Story of Membership Categorization Analysis. Waterloo, ON: Wilfred Laurier University Press. ISBN 0-88920-422-5. 
  5. ^ Fitzpatrick, Meagan (2006年12月6日). “National day of remembrance pays tribute to victims of Montreal massacre”. CanWest News Service. オリジナル2007年12月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071209095709/http://www.canada.com/topics/news/national/story.html?id=dcb98c06-2c4f-46f1-bc6f-6a147308a252&k=33060 2006年12月27日閲覧。 
  6. ^ Cernea, Adrian (1999). Poly 1989: Témoin de l'horreur. Éditions Lescop. ISBN 2-9804832-8-1. 
  7. ^ Wong, Jan (2006年9月16日). “Get under the desk”. The Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/servlet/story/RTGAM.20060915.wxshooting-main16/BNStory/National/home 2007年1月20日閲覧。 
  8. ^ Rathjen, Heidi; Charles Montpetit (1999). December 6th: From the Montreal Massacre to Gun Control. Toronto: McClelland & Stewart. ISBN 0-771061-25-0. 
  9. ^ a b Rakobowchuk, Peter (2006年9月14日). “Lessons learned from 1989 Montreal massacre help save lives at Dawson college”. Canadian Press. オリジナル2007年8月29日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20070829195250/http://cnews.canoe.ca/CNEWS/Canada/2006/09/14/1839448-ap.html 2006年12月28日閲覧。 
  10. ^ a b Parent, G; Cousineau, M (2003). “Conséquences à long terme d'un mass murder :le cas de Polytechnique, neuf ans plus tard”. The International Journal Of Victimology 1 (3). http://www.jidv.com/PARENT,G-JIDV2003-1-(3).htm 2006年12月29日閲覧。. 
  11. ^ Ha, Tu Thanh; Ingrid Peritz (1999年12月4日). “When the snowflakes start to fall, we all remember”. Globe and Mail. http://pete.uri.edu/cgi-bin/wa?A2=ind9912a&L=wsse-cur&D=0&T=0&P=571 2006年12月31日閲覧。 
  12. ^ Sheppard, Robert (2006年9月15日). “A sea change in police tactics when it comes to gunmen”. CBC News. http://www.cbc.ca/news/background/realitycheck/sheppard/20060915.html 2006年12月29日閲覧。 

外部リンク[編集]