ミケーレ・パツィエンツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミケーレ・パツィエンツァ Football pictogram.svg
Michele Pazienza - SSC Neapel (1).jpg
ナポリ時代(2009年)
名前
ラテン文字 Michele Pazienza
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1982-08-05) 1982年8月5日(35歳)
出身地 サン・セヴェーロ
身長 175cm
体重 75kg
選手情報
ポジション MF (DMF)
利き足 右足
ユース
0000-1999 イタリアの旗 フォッジャ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2003 イタリアの旗 フォッジャ 88 (6)
2003-2005 イタリアの旗 ウディネーゼ 52 (0)
2005-2007 イタリアの旗 フィオレンティーナ (loan) 44 (0)
2007-2008 イタリアの旗 フィオレンティーナ 8 (0)
2008-2011 イタリアの旗 ナポリ 106 (4)
2011-2012 イタリアの旗 ユヴェントス 8 (0)
2012 イタリアの旗 ウディネーゼ (loan) 15 (1)
2012-2015 イタリアの旗 ボローニャ 32 (2)
2015-2016 イタリアの旗 ヴィチェンツァ 6 (0)
2016 イタリアの旗 レッジャーナ 6 (0)
2016-2017 イタリアの旗 マンフレドーニア 25 (1)
1999-2017 通算 395 (14)
監督歴
2017 イタリアの旗 ピサ U-19
2017-2018 イタリアの旗 ピサ
1. 国内リーグ戦に限る。2018年6月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ミケーレ・パツィエンツァMichele Pazienza, 1982年8月5日 - )は、イタリアサン・セヴェーロ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

フォッジャ・カルチョ下部組織出身。2000年にトップチームに昇格し、セリエC2でデビュー。

2003年7月1日にセリエAウディネーゼ・カルチョへ移籍。同クラブで2シーズンを過ごした後、2005年8月1日にチェーザレ・プランデッリ監督が就任したACFフィオレンティーナレンタル移籍。2007年6月20日に完全移籍するが、リッカルド・モントリーヴォマルコ・ドナデルとのポジション争いに勝てず、2008年1月31日にSSCナポリに移籍。

ナポリでは主にワルテル・ガルガーノマヌエレ・ブラージルカ・チガリーニとダブルボランチを形成し、2010-11シーズンはUEFAヨーロッパリーグでもプレーした。

2011年6月16日、契約満了に伴いフリートランスファーでユヴェントスFCに移籍。しかし、アントニオ・コンテ監督からの信頼を得られず、2012年1月31日に古巣ウディネーゼにレンタル移籍[1]

2012年8月30日、ボローニャFCへの完全移籍が発表された[2]

2015年7月14日、ヴィチェンツァ・カルチョへ移籍した。

2016年2月4日、ACレッジャーナ1919に5か月間の契約で移籍[3]

2016年9月24日、ASDマンフレドーニア・カルチョに加入。2017年8月9日に現役を引退した。

指導歴[編集]

2017年8月10日、ACピサ1909のユースチームで指導者としての経歴を歩み始めた。同年10月19日、前任のカルミネ・ガウティエーリ英語版に代わりトップチームの監督に就任した。しかし翌年3月26日、カッラレーゼ・カルチョとの試合に敗れると解任が発表された[4]

脚注[編集]

  1. ^ イアクインタ&パツィエンツァがユヴェントスを退団Goal.com 2012年2月1日
  2. ^ ユヴェントスMFがボローニャに加入Goal.com 2012年8月31日
  3. ^ Pazienza verso la Reggiana” (Italian). Tutto Juve. Total Market Web (2016年2月4日). 2017年11月24日閲覧。
  4. ^ Serie C Pisa, via Pazienza. Panchina a Petrone”. Corriere dello Sport (2018年3月26日). 2018年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]