コンテンツにスキップ

マルタケルト地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マルタケルト地区

Մարտակերտի շրջան
Мартакертский район
マルタケルト(2002年撮影)
マルタケルト(2002年撮影)
2020年紛争以降の領域。 薄色の部分はアゼルバイジャンが支配している。
2020年紛争以降の領域。
薄色の部分はアゼルバイジャンが支配している。
北緯40度12分37秒 東経46度48分33秒 / 北緯40.21028度 東経46.80917度 / 40.21028; 46.80917
国家 アルツァフ共和国の旗 アルツァフ共和国
設置 1991年
中心都市 マルタケルトロシア語版
政府
 • 行政長官 Arsen Avanesyan[1] (無所属)
面積
 • 合計 1,795.1 km2
面積順位 4位
標高
600 m
人口
(2020年1月1日)
 • 合計 19,800人
 • 順位 3位
 • 密度 11人/km2
  [3]
等時帯 UTC+4 (アルメニア時間)
ウェブサイト gov.nkr.am/hy/regions/details/48/
面積・人口は2020年紛争以前のデータ。

マルタケルト地区(マルタケルトちく、アルメニア語: Մարտակերտի շրջանロシア語: Мартакертский район)は、2024年1月1日付けで解散を表明した事実上の独立国家アルツァフ共和国(ナゴルノ・カラバフ共和国)の地区ラヨン)。中心都市はマルタケルトロシア語版(アゼルバイジャン語名アグダラ)[3]。国際的にはアゼルバイジャンキャルバジャル県およびタルタル県英語版の一部とされる。

アルツァフ北東部に位置し、北をシャフミアン地区東部(アルツァフが領有権を主張、アゼルバイジャンが実効支配)、東をアゼルバイジャンのタルタル県とアグダム県と、南をアスケラン地区と、南西をカシャタグ地区(2020年紛争後にアゼルバイジャンへ返還)、西をシャフミアン地区西部(2020年紛争後に返還)と接していた。

2020年紛争以前の面積は1,795.1平方キロメートル[2](2045.1 km2とする資料もある[3])、人口は19,800人[3]

歴史[編集]

前身はアゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国内のナゴルノ・カラバフ自治州マルダケルト地区アゼルバイジャン語: Mardakert rayonu)。ナゴルノ・カラバフ戦争(第一次ナゴルノ・カラバフ戦争、1988年 - 1994年)の最中に独立を宣言したアルツァフ共和国は新たにマルタケルト地区を設置した[4]。なおアゼルバイジャンではアグダラ県への改名を経て1992年に旧マルダケルト地区は廃止されている。1992年6月より始まったアゼルバイジャン軍のゴランボイ作戦英語版でマルタケルトなどを失ったが、1993年6月のマルタケルト解放アムハラ語版でアルメニア軍が奪還し、更に旧自治州外のアイゲスタンノル・アイゲスタンを占領・編入した。停戦後、アルメニア人の再定住が始まった。

2016年ナゴルノ・カラバフ紛争英語版(6日間戦争)では地区北東部のマタギスがアゼルバイジャン軍の攻撃を受けるも、アルツァフが死守した[5]

2020年ナゴルノ・カラバフ紛争(第二次ナゴルノ・カラバフ戦争)ではアゼルバイジャン軍の攻撃を受けマタギスやタリシュ英語版を喪失し[6]停戦協定でアイゲスタンやノル・アイゲスタンなど旧自治州外の7村をアゼルバイジャンへ返還した[7]

2023年ナゴルノ・カラバフ衝突(アゼルバイジャン攻勢)ではアゼルバイジャン軍が地区中部のサルサン貯水池英語版へ進軍し、貯水池および道中のGetavanDrmbonを占領した[8]。またアゼルバイジャン軍は地区東部のジャンヤタグ英語版も占領したが[9]、敵と誤認されたロシア平和維持部隊の6人が死亡する事故が起こった[10]。アルツァフの降伏後は各地でアゼルバイジャンが支配を取り戻し始めている[11]

都市[編集]

2020年1月時点で1都市と42農村共同体が所属している[3]

以下は2005年国勢調査に記載されている都市の一覧である[12]。カッコ内はアゼルバイジャン語名。

都市

住民[編集]

2020年1月1日時点の法定人口は19,800人で、総人口の13%を占める[3]。住民のほとんどはアルメニア人である。自治州時代はアゼルバイジャン人もいたが、第一次ナゴルノ・カラバフ戦争の際に脱出している。

国勢調査毎の地区人口および民族別人口の変遷は以下の表のとおり[13]

民族 1926年 1939年 1959年 1970年 1979年 2005年 2015年[2]
アルメニア人 29,292 36,453 33,555 38,220 37,050 18,921 -
アゼルバイジャン人 1,914 2,833 3,415 5,168 7,050 - -
ロシア人 434 1,244 611 348 355 23 -
その他 128 282 153 268 131 19 -
地区人口 31,768 40,812 37,734 44,004 44,586 18,963 19,531

脚注[編集]

  1. ^ Martakert region”. アルツァフ政府 (2023年9月19日). 2023年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c Distribution by Density of NKR Administrative-territorial Units according to 2005 and 2015 Population Censuses” (pdf). アルツァフ国家統計局. 2022年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f POPULATION OF THE REPUBLIC OF ARTSAKH” (pdf). アルツァフ国家統計局. pp. 11-12. 2022年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月2日閲覧。
  4. ^ Ճանաչե՛նք Արցախը. Մարտակերտ”. Armedia.am (2015年7月27日). 2023年10月3日閲覧。
  5. ^ “Минобороны НКР опровергло взятие армией Азербайджана села Матагис”. ロシア・トゥデイ. (2016年4月5日). https://russian.rt.com/article/157189 2023年10月2日閲覧。 
  6. ^ “Azerbaijan liberates 7 more villages amid clashes”. アナドル通信社. (2020年10月4日). https://www.aa.com.tr/en/azerbaijan-front-line/azerbaijan-liberates-7-more-villages-amid-clashes/1994695 2023年10月2日閲覧。 
  7. ^ “7 Villages in Martakert to be Surrendered to Azerbaijan”. Asbarez. (2020年11月18日). https://asbarez.com/7-villages-in-martakert-to-be-surrendered-to-azerbaijan/ 2023年10月2日閲覧。 
  8. ^ “Sərsəng Azərbaycan Ordusunun NƏZARƏTİNƏ KEÇİB”. Dia.az. (2023年9月20日). https://www.dia.az/8/389943-serseng-azerbaycan-ordusunun-nezaretne-kechb.html 2023年10月2日閲覧。 
  9. ^ “Ordumuzun nəzarətə götürdüyü yaşayış məntəqələrinin adları açıqlandı”. News365. (2023年9月23日). https://news365.az/ordumuzun-nezarete-goturduyu-yasayis-menteqelerinin-adlari-aciqlandi 2023年10月2日閲覧。 
  10. ^ “Азербайджан заявил о гибели шести российских миротворцев в Нагорном Карабахе”. Forbes Russia. (2023年9月23日). https://www.forbes.ru/society/496972-azerbajdzan-zaavil-o-gibeli-sesti-rossijskih-mirotvorcev-v-nagornom-karabahe 2023年10月2日閲覧。 
  11. ^ “MEHMANA: Nagorno-Karabakh's Greek village is now under Azerbaijani control”. Greek City Times. (2023年9月28日). https://greekcitytimes.com/2023/09/28/mehmana-greek-village-control/ 2023年10月3日閲覧。 
  12. ^ De Facto and De Jure Population by Administrative Territorial Distribution and Sex” (pdf). アルツァフ国家統計局. pp. 53-56. 2022年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月3日閲覧。
  13. ^ НАСЕЛЕНИЕ НАГОРНОГО КАРАБАХА”. ethno-kavkaz.com. 2023年10月2日閲覧。