マルサスの罠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マルサスの罠(マルサスのわな:: Malthusian trap)または人口の落とし穴: population trap)は、トマス・ロバート・マルサスに因んで付けられた、飢餓に導くような食料供給の不足に従い、過剰な人口が増加を停止するであろうとの予想が適切かどうかという内容の問題である。

社会の資源の供給を技術の利益によって増大させるとき、また食糧のような生活水準を改善させる資源の豊かさは、人口増加を可能にする。それは結局は資源の資本当たりの供給を元の水準に戻す。幾人かの経済学者は、産業革命以来、人類はその罠を打ち破ったと主張する。[1][2]他の者は、極度の貧困英語版の継続はマルサスの罠が影響するよう続くことを示していると主張する。[3]他の者はさらに、過度の人口と連結する食糧の有効性の欠乏に従い、開発途上国はその罠の証拠を大きく示すと主張する。[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

雑誌論文[編集]

書籍[編集]

  • Clark, Gregory (2007). A Farewell to Alms: A Brief Economic History of the World. Princeton University Press. ISBN 978-0-691-12135-2 
  • Galor, Oded (2005). “From Stagnation to Growth: Unified Growth theory”. Handbook of Economic Growth. 1. Elsevier. pp. 171-293 

ウェブサイト[編集]