マルクス・ウァレリウス・コルウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルクス・ウァレリウス・コルウス
Marcus Valerius Corvus
(M. Valerius M. f. M. n. Corvus)
出生 紀元前370年
死没 紀元前270年
出身階級 パトリキ
氏族 ウァレリウス氏族
官職 トリブヌス・ミリトゥム(紀元前349年)
執政官(紀元前348年、346年、343年、335年、300年、299年)
プラエトル(紀元前347年、308年)
アエディリス・クルリス(紀元前345年)
独裁官(紀元前342年、301年)
インテルレクス(紀元前332年、320年)
レガトゥス(紀元前310年)
テンプレートを表示

マルクス・ウァレリウス・コルウスラテン語: Marcus Valerius (Maximus) Corvus, 紀元前370年 - 紀元前270年)は、古代ローマの伝説的な英雄。100歳まで生きたとされている。彼の業績には疑問点が多いが、これは歴史家のウァレリウス・アンティアスによる誇張が、そのまま後世に伝えられたのが一因である。

公職
先代:
ルキウス・フリウス・カミッルス
アッピウス・クラウディウス・クラッスス・インレギッレンシス
執政官
同僚:マルクス・ポピッリウス・ラエナス IV
紀元前348年
次代:
ガイウス・プラウティウス・ウェンノ・ヒュプサエウス I
ティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥス
先代:
ガイウス・プラウティウス・ウェンノ・ヒュプサエウス II
ティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥス
執政官
同僚:ガイウス・ポエテリウス・リボ・ウィソルス II
紀元前346年
次代:
マルクス・ファビウス・ドルスオ
セルウィウス・スルピキウス・カメリヌス・ルフス
先代:
ガイウス・マルキウス・ルティルス III
ティトゥス・マンリウス・インペリオスス・トルクァトゥス II
執政官
同僚:アウルス・コルネリウス・コッスス・アルウィナ
紀元前343年
次代:
クィントゥス・セルウィリウス・アハラ III
ガイウス・マルキウス・ルティルス IV
先代:
ルキウス・パピリウス・クラッスス
カエソ・ドゥイリウス
執政官
同僚:マルクス・アティリウス・レグルス・カレヌス
紀元前335年
次代:
スプリウス・ポストゥミウス・アルビヌス
ティトゥス・ウェトゥリウス・カルウィヌス
先代:
マルクス・リウィウス・デンテル
マルクス・アエミリウス・パウッルス
独裁官の年
紀元前301年
次代:
マルクス・ウァレリウス・コルウス
クィントゥス・アップレイウス・パンサ
先代:
独裁官
マルクス・ウァレリウス・コルウス
執政官
同僚:クィントゥス・アップレイウス・パンサ
紀元前300年
次代:
マルクス・フルウィウス・パエティヌス
ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス