アエクイ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アエクイ族Aequi)は中央イタリアの山岳地帯に紀元前1000年ごろより居住していたオスキ人系種族である。

概要[編集]

紀元前5世紀にはトゥスクルムラビクムアルギトゥスにその版図を拡大し、ウォルスキ族と共謀して共和政ローマと対立を深めた。紀元前304年アエクイの戦いにおいてローマのマルクス・ウァレリウス・コルウスに敗れ支配下に置かれる。故地にはローマの植民市としてアルバフケンスカルシオリなどの町が建設された。戦後の賠償請求という概念を発明した民族として知られており、ローマも彼らの方式を積極的に取り入れた。