ルキウス・コルネリウス・スキピオ・バルバトゥス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rmn-social-header-1-.svg
ルキウス・コルネリウス・スキピオ・バルバドゥス
L. Cornelius Cn. f. - n. Scipio Barbatus[1]
スキピオ•バルバトゥスの墓碑(バチカン美術館蔵)
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
一族 スキピオ家
氏族 コルネリウス氏族
官職 アエディリス(紀元前301年?)
執政官(紀元前298年)
プロプラエトル(紀元前295年)
ケンソル(紀元前280年?)
最高神祇官(紀元前304年以前-280年以降)
後継者 ルキウス・コルネリウス・スキピオ
グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ
テンプレートを表示

ルキウス・コルネリウス・スキピオ・バルバドゥスラテン語: Lucius Cornelius Scipio Barbatus)は、 紀元前3世紀共和政ローマの政治家、軍人。

父はグナエウスということしか分かってはいないが、息子にはルキウス・コルネリウス・スキピオグナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナがいる。

紀元前298年執政官(コンスル)を務め、主にエトルリア人サムニウム人との攻防に従事した。紀元前280年には監察官(ケンソル)も務めている。

彼の墓石がヴァチカン美術館に現存している。墓石には以下のような言葉が古ラテン語で書かれている。

ラテン語原文:

CORNELIVS·LVCIVS·SCIPIO·BARBATVS·GNAIVOD·PATRE
PROGNATVS·FORTIS·VIR·SAPIENSQVE—QVOIVS·FORMA·VIRTVTEI·PARISVMA
FVIT—CONSOL CENSOR·AIDILIS·QVEI·FVIT·APVD·VOS—TAVRASIA·CISAVNA
SAMNIO·CEPIT—SVBIGIT·OMNE·LOVCANA·OPSIDESQVE·ABDOVCIT

日本語訳:

コルネルウス・ルキウス・スキピオ・バルバトゥス、父グナエウスより出でて、力と叡智を持ち美徳を容姿に保ちし者ここに眠る。彼は汝たちの執政官、監察官、按察官にてタウラシア、キサウナ、サムニウムを攻略せりし者、ルカニア人を従へ捕虜を解放せし者なり

出典[編集]

  1. ^ Broughton Vol.1, p. 174.

参考文献[編集]

  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1. American Philological Association 

関連項目[編集]

公職
先代:
マルクス・フルウィウス・パエティヌス V
ティトゥス・マンリウス・トルクァトゥス
執政官
同僚:グナエウス・フルウィウス・マクシムス・ケントゥマルス
紀元前298年
次代:
クィントゥス・ファビウス・マクシムス・ルッリアヌスIV
プブリウス・デキウス・ムス III
公職
先代:
紀元前283年
クィントゥス・カエディキウス・ノクトゥア
不明
ローマケンソル
紀元前280年 XXXII
同僚
グナエウス・ドミティウス・カルウィヌス・マクシムス
次代:
紀元前275年 XXXIII
ガイウス・ファブリキウス・ルスキヌス
クィントゥス・アエミリウス・パプス