グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナラテン語: Gnaeus Cornelius Scipio Asina, 紀元前3世紀、生没年不詳)は、第一次ポエニ戦争期の共和政ローマの政治家・軍人。「アシナ」とはラテン語ロバを意味する。

経歴[編集]

ローマ筆頭の名門のひとつコルネリウス氏族スキピオ家に生まれる。父はルキウス・コルネリウス・スキピオ・バルバトゥス、兄弟にはルキウス・コルネリウス・スキピオがいる。

ガイウス・ドゥイリウスと共に紀元前260年執政官(コンスル)に当選、新設のローマ海軍を率いる。そしてメッシーナ海峡を巡回している際にリーパリがローマ側に寝返るとの情報を得る。戦略上重要な拠点を占拠して勝利を栄誉を得ようと焦り、リーパリに急行するが、これは敵将ギスコの謀略で、港に乗り上げた際に海上を封鎖されてしまう。海戦に不馴れなローマ兵はパニックに陥り、自分達が乗っている船に構わず陸地に逃れてしまい、大した戦闘もなく易々とスキピオは捕虜となってしまった。そして彼はローマ史上最初に海戦にて敗北した人物となった。

この失敗により、後年スキピオは政敵に「ロバ」という意味の「アシナ」という呼び名で呼ばれるようになった。しかし254年に再びコンスルにアウルス・アティリウス・カラティヌスとともに当選している。両者共に二度目の執政官就任であった。ローマ艦隊は前年にアフリカから引き上げる際に嵐に遭遇して壊滅してしまっていたため、二人の執政官は合計で220隻からなる艦隊を再建した。両者共にシケリアに向かい、パノルムス(現在のパレルモ)を占領することに成功した。ローマ帰国後はスキピオ・アシナのみが凱旋式を実施している(おそらくは、カラティヌスは既に紀元前257年に凱旋式を行っていたためと考えられる)。

家族[編集]

関連項目[編集]


公職
先代:
ルキウス・ウァレリウス・フラックス
ティベリウス・オタキリウス・クラッスス
ローマ執政官(コンスル)
紀元前260年
同僚
ガイウス・ドゥイリウス
次代:
ルキウス・コルネリウス・スキピオ
ガイウス・アクィッリウス・フロルス
先代:
マルクス・アエミリウス・パウッルス
セルウィウス・フルウィウス・パエティヌス・ノビリオル
ローマ執政官(コンスル)
紀元前254年
同僚
アウルス・アティリウス・カラティヌス
次代:
グナエウス・セルウィリウス・カエピオ
ガイウス・センプロニウス・ブラエスス