マリー・ド・ベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリーと3番目の夫ジャン1世

マリー・ド・ベリー(Marie de Berry, 1367年 - 1434年)は、フランスヴァロワ朝の王子ベリー公ジャンと最初の妃ジャンヌ・ダルマニャック(ベルナール・ダルマニャックの叔母)の次女で末子。オーヴェルニュ女公。

初め、ルイ3世・ド・シャティヨンと結婚したが、1391年に死別した。2人の間の子供はなかった。

次いで1393年にウー伯フィリップ・ダルトワと結婚したが、1397年に死別した。2人の間には4子が生まれた。

  • シャルル(1394年 - 1472年) - ウー伯
  • フィリップ(1395年 - 1397年)
  • ボンヌ(1396年 - 1445年) - 1413年にヌヴェール伯フィリップと結婚、1422年にブルゴーニュ公フィリップ・ル・ボンと再婚
  • カトリーヌ(1397年 - 1420年) - 1416年、カランシー領主ジャン・ド・ブルボン(ラ・マルシュ伯ジャン1世の三男)と結婚

最後に1400年、ブルボン公ジャン1世と結婚した。2人の間には3子が生まれた。

  • シャルル1世(1401年 - 1456年) ブルボン公
  • ルイ(1403年 - 1412年)
  • ルイ1世(1405年 - 1486年) モンパンシエ伯

1416年に父ベリー公が死去した時、マリーの兄たちはすでになく、その子供もいなかったため、父の遺領のうちオーヴェルニュ公領、モンパンシエ伯領などを相続し、夫ブルボン公と共同でオーヴェルニュ女公およびモンパンシエ女伯となった。これらの所領はのちに、ブルボン公との間の息子のうち、夭逝した次男を除く2人に分け与えられた。

しかしブルボン公はその前年、アジャンクールの戦いで捕虜となってイングランドへ送られており、帰国しないまま1434年に死去した。マリーは父の遺領だけでなくブルボン家の家領も代わって統治し、この最後の夫と同じ年に死去した。